JR東海、12月に「南アルプストンネル」の建設工事に着手 画像 JR東海、12月に「南アルプストンネル」の建設工事に着手

インバウンド・地域活性

 JR東海は、リニア中央新幹線の建設プロジェクトで、「南アルプストンネル新設(山梨工区)」の建設工事に12月に着手する。27日に山梨県早川町で地元向けの工事説明会を全路線で初めて開催。これにより工事着手前の一連の主だった手続きが完了したことを受け、同工区の施工を担当する大成建設・佐藤工業・錢高組JVが現地で工事を開始する。
 工事説明会は早川町、JR東海、大成JVの3者主催。地元住民や地権者ら関係者が多数出席した。山梨工区の工事概要のほか、工事用車両の運行計画と安全対策、環境保全対策などが説明された。
 会合終了後に記者会見したJR東海の奥田純三中央新幹線建設部土木工事部担当部長は「引き続き地域からの意見、質問などにきめ細かく対応しながら、関係者の工事への理解を深めてもらう」と説明し、工事作業を安全・円滑に進めるために地元との連携を重視していく考えを表明。早川町の辻一幸町長は「世界一のリニアが早川に通るのは町民の誇り。期待と不安があるが、町の対策協議会を中心に、リニア建設に向かって最善の努力をしていく」と話した。
 リニア新幹線の建設区間の中でも最大の難所と見られる南アルプストンネル(延長約25キロ)は、山梨・静岡・長野県にまたがる標高3000メートル級の山岳地帯に構築される。山梨工区は東側の一部区間(施工延長約7・7キロ)の工事となり、最大土かぶり1000メートル以上の区間が含まれ、高度な施工技術が求められる。
 工事内容はNATMによる本線トンネル(幅約13メートル)、その他先進坑、非常口(2カ所)など。工期は2025年10月31日まで。周辺部から非常口を掘削して本線トンネルを掘り進める。
 順調に進めば12月に早川非常口の準備工に着手し、16年3月から斜坑の掘削に取り掛かる。広河原非常口の準備工には16年1月、斜坑の掘削には同年8月ごろに着手予定。本線トンネルの掘削は16年秋ごろに着手する。
 南アルプストンネルでは、山梨工区に続いて西側の長野工区(施工延長約8・4キロ)の施工者の選定手続きを現在進めており、15年度中にも決まる見通しだ。

JR東海/リニア新幹線南アルプス山梨工区、12月工事着手/施工は大成建設JV

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. 富裕層インバウンドの法則その1

  8. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  9. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  10. ウレタン樹脂充てん型の道路凍結抑制舗装、標準仕様確立

アクセスランキングをもっと見る

page top