京都府、小倉西舞鶴線の新トンネル建設で17年度の着工めざす 画像 京都府、小倉西舞鶴線の新トンネル建設で17年度の着工めざす

インバウンド・地域活性

 京都府は、慢性的な渋滞の改善や交通安全の確保などを目的に進めている主要地方道小倉西舞鶴線の4車線化事業について、17年度にも新設トンネルの整備に着手したい考えだ。新トンネルは延長370メートルの規模で、16年度から用地交渉を本格化する見通し。その後は新トンネルの整備を経て、白鳥トンネルの改良などを行う予定で、順調にいけば、20年度の事業完了を目指す。道路詳細設計とトンネル補修設計はパシフィックコンサルタンツ、トンネル詳細設計は八千代エンジニヤリングが担当。
 事業は、舞鶴市の東西市街地を最短で結び、舞鶴若狭自動車道へのアクセス道といった役割を担う小倉西舞鶴線(小倉~引土、約11キロ)のうち、築60年以上が経過し、老朽化が著しい白鳥トンネルを含めた2車線区間を4車線化することで、1日約2万台の車両通行によって慢性的に発生している渋滞や歩道の未整備、狭小幅員といった現道の課題を解消し、安全確保を図るのが目的。
 事業区間は同市森~上安の延長1・4キロ。4車線化に向けては、まず現道北側の約420メートルを対象に延長約370メートル、幅員10・75メートル(3・25メートル×2車線)の山岳トンネルと明かり区間を新設した後、現白鳥トンネル(延長165メートル、幅員6・8メートル)を補修・改良し、幅員を9メートルに拡幅するとともに、トンネル前後の約1キロを4車線化する計画で、全体事業費は約29億円を見込んでいる。
 事業を担当する中丹東土木事務所によると、現在は事業の詳細計画がまとまった段階で、今後は用地取得に向け、近く立ち会いや測量などに着手する予定。その後は本年度末にも境界確定を終え、16年度から本格的な用地交渉に入りたい考えで、用地取得が順調に進めば、17年度に新トンネルの本体工事に着手するなど、20年度の事業完了を目指して整備を推進していく方針だ。

京都府/小倉西舞鶴線4車線化(舞鶴市)/新トンネル建設、17年度着工めざす

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  3. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  4. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

  5. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  6. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  9. 【田舎にもっと外貨を!:2】日本中に自分の故郷を作るプロジェクト

  10. パリに勝てるか? カジノはどうなる? 大阪府ら25年万博誘致へ

アクセスランキングをもっと見る

page top