マンション傾斜問題、国交省が再発防止へ有識者委員会を設置 画像 マンション傾斜問題、国交省が再発防止へ有識者委員会を設置

マネジメント

 石井啓一国土交通相は27日の閣議後の会見で、横浜市内のマンションが基礎杭の施工不良によって傾いた問題に関連し、再発防止のために有識者らでつくる対策委員会を設置することを明らかにした。
 遅くとも来週中に初会合を開く。対策委員会には年内に中間報告を出してもらう。石井国交相は「再発防止策について専門的な見地から検討してもらう」と対策委員会設置の狙いを説明した。対策委員会は建築や建築行政の専門家などで構成する方向で、人選を進めている。
 石井国交相は、マンションなどの工事に関する国民の不安を払しょくするため、住宅リフォーム・紛争処理センターの電話相談窓口(電話0570・016・100)を増強することも表明した。対応する建築士を増やし、マンションの基礎工事の不具合や補修、建て替えに関する消費者からの相談を受け付ける。
 徳山日出男事務次官をトップとする省内連絡会議の第2回会合も同日開き、対策委員会の設置を含め、マンション傾斜問題に関係するこれまでの動きについて情報を共有した。

マンション傾斜問題/国交省、再発防止へ有識者委設置へ/15年内に中間報告

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. 「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

    「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

  3. 東急不動産HD、沖縄に大型リゾートなどホテル事業で攻勢

    東急不動産HD、沖縄に大型リゾートなどホテル事業で攻勢

  4. 店舗の被災状況を本部から視覚化!セブンイレブンが災害時に店内カメラを活用

  5. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  6. 竹中工務店15年12月期、売上高3期連続1兆円台、粗利益率8%台に回復

  7. グリーン経営認証が運輸事業に効果的!認証前後でトラックの燃費向上も、トラック1事業所が新登録

  8. 道路舗装上場大手6社、15年4~12月期決算で全社増益、需要低調

  9. 就活6月解禁、7割が「守らない」……最多は3月スタート

  10. 食品宅配、お試しセット注文増…「失敗イヤ」の消費者意識影響

アクセスランキングをもっと見る

page top