【回転窓】農業の未来は 画像 【回転窓】農業の未来は

マネジメント

 北陸地方の農家から収穫したばかりのコシヒカリを頂いた。この秋は刈り入れ前の天候不良の影響で白く濁った粒が混じるなど「満足のいく出来ではない」という。お天気相手の商売の苦労を思う。それでも炊きたての新米の味わいは格別。香り、つや、弾力が違う▼環太平洋経済連携協定(TPP)で大筋合意した関税分野の全容が先に政府から公表された。日本の農林水産物の関税撤廃率は81%。守るはずだったコメなど重要5項目でも3割の品目は関税がなくなるという。農業者らの不安は当然だろう▼食料品が安く買えると期待する声も聞くが、口に入るものである。安ければよいという単純な話ではない。ただでさえ低い食料自給率はどうなるのか。農業は国土保全にも深く関わるだけに、安全上の問題も軽視できまい▼政府は、TPP対策を盛り込む15年度補正予算案の検討を始めた。来夏の参院選をにらんだばらまきにならないか、早くも心配する声が出ているようだ▼農業は担い手不足と高齢化が建設業以上に深刻。まじめに努力した農業者が報われる政策を取らなければ、流れは変わらないだろう。

回転窓/農業の未来は

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

    民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  2. 若者をどう確保する? 人手不足加速の建設雇用改善計画

    若者をどう確保する? 人手不足加速の建設雇用改善計画

  3. 伊藤ハムが中堅の米久と統合、原価減・収益増を見込む

    伊藤ハムが中堅の米久と統合、原価減・収益増を見込む

  4. わずか15分の健康診断、従業員の検診率と満足度を同時に満たす「ケアプロ」とは?

  5. 国交省、土木詳細設計に「赤黄チェック」の全面導入推進

  6. 「ウチ、団体いけます!」――旅行代理店向けの“飲食店立候補型”団体食事予約サービス

  7. 就活6月解禁、7割が「守らない」……最多は3月スタート

  8. 三菱ふそう「もしも、世界からトラックが消えたなら」

  9. 【この人に聞く】エクイパルコ社・ロニービック・コンデ・ラグナダ社長

  10. 国交省土地・建設産業局長「業界の将来、環境変化で機運高まる」

アクセスランキングをもっと見る

page top