奈良交通、日本最長バス路線に新型導入 画像 奈良交通、日本最長バス路線に新型導入

インバウンド・地域活性

奈良交通は10月27日、八木新宮線の特急バスに新型のノンステップバスを導入すると発表した。11月2日から運用する。

八木新宮線は、近鉄線の大和八木駅(奈良県橿原市)から紀伊山地を南下し、十津川村を経てJR線の新宮駅(和歌山県新宮市)までを結ぶ路線バス。走行距離は169.9kmで、高速道路を走らない路線バスでは最も長い距離を走ることで知られている。

奈良交通が今回導入するノンステップバスは、日野『ブルーリボン』の「QDG-KV290N1」。定員は座席31人・立席39人・乗員1人の合計71人で、大きさは全長が約10.4m、幅が約2.5mになる。国土交通省と奈良・和歌山両県が購入費の一部を支援し、3両を導入。バリアフリーに対応したほか、一般的な路線バスの車両に比べて「ハイグレードな座席」を装備し、長時間の乗車に配慮するという。車体は沿線市町村のキャラクターや観光スポットなどで装飾する。

新型バスの運用便は、八木新宮線の八木駅13時45分発と新宮駅5時53分発など。検査などの都合により運用便は毎日変更される。また、当面は八木新宮線の一部の便のみで運用される。初日の11月2日は八木駅13時45分発の便で運用される予定だ。

奈良交通、日本最長の路線バスに新型導入…11月2日

《草町義和》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  3. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

    【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  4. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  5. 今年は特区民泊元年! 全国初の東京都大田区の取り組みを探る

  6. 住友大阪セメント、福島の受け入れ基地増強…復興需要に対応

  7. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】札幌から「地の利」を生かしたデータ処理事業を展開する恵和ビジネス

  8. 千葉駅東口地区再開発、歩行者のための「グランドモール」配置

  9. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  10. 【コト消費化するインバウンド:2】ゲームセンターの新接客術

アクセスランキングをもっと見る

page top