社員のアイデアで物流現場を改善! 佐川ロジが社内大会を初開催 画像 社員のアイデアで物流現場を改善! 佐川ロジが社内大会を初開催

マネジメント

 佐川グローバルロジスティクスは12日、「KAIZEN・アイデア大会2015」を開催。その詳細が27日に公開された。同社は傘下に佐川急便を持つSGホールディングスグループで、国内ロジスティクス事業を展開する。

 同大会は物流現場の改善活動による実績、および新たなアイデアを全国の従業員から募り、それを採点方式で競うもの。物流現場の品質とサービスの向上を目的とし、今回が初の開催となる。

 応募があった改善実績は149にのぼり、ここから選出された15の活動について、取り組んだ社員がプレゼンテーションを実施。1~3位が決定して表彰を受けた。このうち第1位には、「時間管理のデジタル化効果」をテーマとした、大阪支店千里SRC(佐川流通センター)所属の杉浦、青木チームが選ばれている。

 同社では今回の「KAIZEN・アイデア大会」のほかに、「フォークリフト運転技能コンテスト」などの社内企画を通じて、社員のスキルアップや顧客サービスの向上に努めている。通常の人事評価では図ることが難しいスキルや心得を高める上では、こうした社内企画が有効のようだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 大林組、急曲トンネル対応のベルト捻転装置開発

    大林組、急曲トンネル対応のベルト捻転装置開発

  2. KYB、中国の建機向け事業の落ち込みを自動車がカバー

    KYB、中国の建機向け事業の落ち込みを自動車がカバー

  3. IHI・満岡次郎新社長が会見「新3カ年計画を着実に実行していく」

    IHI・満岡次郎新社長が会見「新3カ年計画を着実に実行していく」

  4. 農産物の収穫適期を予測…1か月前・誤差2日で実用化

  5. 歩切り根絶で全市町村に働き掛け強化――国交省と都道府県が合意

  6. 日建連、生産性向上の4本柱を検討

  7. 社員が見た社長の評価! 社長の自己評価と大きな差が…

  8. 「ウチ、団体いけます!」――旅行代理店向けの“飲食店立候補型”団体食事予約サービス

  9. 東亜建設工業社長に秋山代表取締役兼執行役員副社長、6月就任

  10. 訪日外国人が「日本酒を知り、日本酒を楽しむ」プラットフォーム誕生

アクセスランキングをもっと見る

page top