三菱と日産、次期型軽開発を共同開発継続 画像 三菱と日産、次期型軽開発を共同開発継続

インバウンド・地域活性

三菱自動車の相川哲郎社長は10月27日に都内にある本社で開いた決算会見で、日産自動車と共同開発した軽自動車の次期型も、引き続き両社で進めることで合意したことについて「両社の強み同士を結び付けるスキームにするということで決まった」と述べた。

相川社長は「我々としては限られた開発資源をSUVと電動車両に向けたい。しかし軽自動車も絶対に必要である。日産も同じく軽自動車は絶対にやめられないということで、その双方のニーズの解決策として日産が開発の中心になる。我々はサポートする」と、次期型の開発では日産が主体的に行うことになった背景を説明。

その上で「それによって我々はSUVと電動車両により資源を投入できる。一方で生産については我々の水島製作所のコスト競争力は日産にも認めて頂いているので、生産は我々が請け負うということで、両社の強み同士を結び付けるスキームにしようということで今回の合意に至った」と述べた。

今回の合意では軽規格の電気自動車の開発も共同で進めることが盛り込まれたが、その生産場所について相川社長は「決まった話ではないが、ベースの車が水島(生産車)であれば、一番効率の良い造り方は何かという考えで決めたい。おそらくその時は水島になると思う」との見通しを示した。

三菱 相川社長、日産との次期型軽開発「両社の強み結び付けるスキーム」

《小松哲也》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  2. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

  5. 茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定

  6. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  7. 岩手・宮城の復興祈念公園、3月に着工へ。震災から6年の節目に合わせ

  8. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  9. 阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備

  10. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

アクセスランキングをもっと見る

page top