三菱と日産、次期型軽開発を共同開発継続 画像 三菱と日産、次期型軽開発を共同開発継続

インバウンド・地域活性

三菱自動車の相川哲郎社長は10月27日に都内にある本社で開いた決算会見で、日産自動車と共同開発した軽自動車の次期型も、引き続き両社で進めることで合意したことについて「両社の強み同士を結び付けるスキームにするということで決まった」と述べた。

相川社長は「我々としては限られた開発資源をSUVと電動車両に向けたい。しかし軽自動車も絶対に必要である。日産も同じく軽自動車は絶対にやめられないということで、その双方のニーズの解決策として日産が開発の中心になる。我々はサポートする」と、次期型の開発では日産が主体的に行うことになった背景を説明。

その上で「それによって我々はSUVと電動車両により資源を投入できる。一方で生産については我々の水島製作所のコスト競争力は日産にも認めて頂いているので、生産は我々が請け負うということで、両社の強み同士を結び付けるスキームにしようということで今回の合意に至った」と述べた。

今回の合意では軽規格の電気自動車の開発も共同で進めることが盛り込まれたが、その生産場所について相川社長は「決まった話ではないが、ベースの車が水島(生産車)であれば、一番効率の良い造り方は何かという考えで決めたい。おそらくその時は水島になると思う」との見通しを示した。

三菱 相川社長、日産との次期型軽開発「両社の強み結び付けるスキーム」

《小松哲也》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

    遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  2. 富裕層インバウンドの法則その5

    富裕層インバウンドの法則その5

  3. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  4. 青函トンネルの大規模修繕、トンネルの延命化へ

  5. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 新橋・田村町地区の再開発、高さ150メートルの超高層ビルも

  8. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  9. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】札幌から「地の利」を生かしたデータ処理事業を展開する恵和ビジネス

  10. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

アクセスランキングをもっと見る

page top