富士通の堅牢SIMフリースマホ発売…防水、防塵、耐衝撃、耐振動など 画像 富士通の堅牢SIMフリースマホ発売…防水、防塵、耐衝撃、耐振動など

IT業務効率

 富士通は27日、SIMフリーのAndroidスマートフォン「arrows M02」を家電量販店などで29日から順次発売すると発表した。また、MVNOでも新たにIIJ、DMM mobileなどで取り扱われる。

 「arrows M02」は、IPX5/8の防水性能、IP6Xの防塵性能、耐衝撃、耐振動、耐日射、防湿、塩水耐久など米国防総省の「MIL-STD-810G」14項目にも準拠の堅牢性が特長のSIMフリースマートフォン。

 NTTドコモの2015年冬春モデルである「arrows Fit F-02H」とほぼ同じ仕様で、ディスプレイは5インチ有機EL(720×1,280ピクセル)、OSはAndroid 5.1、プロセッサはクアッドコアの「MSM8916」(1.2GHz)、メモリ2GB、ストレージは16GB。カメラは810万画素/240万画素で、ネットワークはLTE/3Gに対応してしている。

 機能面では、「スーパーはっきりボイス4」や「スーパーダブルマイク」に加え、豊富な語彙集を備えた日本語入力システム「Super ATOK ULTIAS」を搭載。おサイフケータイに対応した。「arrows Fit F-02H」に搭載の指紋認証は非搭載となる。

 同機は、29日からコジマ、ソフマップ、ビックカメラ、ピーシーデポコーポレーション、ヤマダ電機、ヨドバシカメラなどの家電量販店で販売開始。MVNOサービスでも、すでに販売開始しているケイ・オプティコム、ニフティに加えてIIJ、DMM mobile、ビッグローブでも取り扱いを開始する。

富士通の堅牢SIMフリースマホ「arrows M02」、29日から家電量販店で発売

《関口賢》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  2. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:前編

    アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:前編

  3. 土木学会のAI懇談会が初会合/IoTやビッグデータを土木分野にどう活かす?

    土木学会のAI懇談会が初会合/IoTやビッグデータを土木分野にどう活かす?

  4. 「コーヒー界のグーグル」が起こす、IT目線の生産性革命(中編)/ABC

  5. サービス業のIT利用最前線!9 20万円以下で賃貸住宅のIoT化/ロボットホーム

  6. ~AIで変わる経営:1~分析による裏付け、サイト内の集客増に

  7. 米Uber、自動運転タクシーの路上試験走行開始!

  8. 熊谷組ら4社、コッター式継ぎ手を使用した橋梁床版の実用化にめど

  9. 創業70年の造船所がITで栽培したトマトの味は?

  10. 高速道路3社、ICT土工を積極展開/実施要領作成、独自基準設定し試行へ

アクセスランキングをもっと見る

page top