サソリ型クレーン? 1.7トン吊り自走式新製品……古河ユニック 画像 サソリ型クレーン? 1.7トン吊り自走式新製品……古河ユニック

インバウンド・地域活性

 古河ユニックは自走式クレーン「ミニ・クローラークレーン」の1・73トン吊(つ)りクラスの新製品「UR―U174C」を発売した。既存の995キログラム―2・93トンの3モデルになかった吊り上げ能力の製品を投入する。クローラーに片側2個のローラーを搭載し、地面の凹凸に合わせて安定して走行できる。価格は510万円(消費税抜き)。石材、造園、設備据え付け業向けに、年間80台の販売を目指す。

サソリ型クレーン?1.7トン吊り自走式クレーン―古河ユニック

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  2. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

    リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  3. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

    名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  4. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  7. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  8. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  9. 神戸港の将来構想発表、国際競争力強化へクルーズ船への対応も

  10. ムーミンテーマパークは飯能市、総事業費150億円!

アクセスランキングをもっと見る

page top