サソリ型クレーン? 1.7トン吊り自走式新製品……古河ユニック 画像 サソリ型クレーン? 1.7トン吊り自走式新製品……古河ユニック

インバウンド・地域活性

 古河ユニックは自走式クレーン「ミニ・クローラークレーン」の1・73トン吊(つ)りクラスの新製品「UR―U174C」を発売した。既存の995キログラム―2・93トンの3モデルになかった吊り上げ能力の製品を投入する。クローラーに片側2個のローラーを搭載し、地面の凹凸に合わせて安定して走行できる。価格は510万円(消費税抜き)。石材、造園、設備据え付け業向けに、年間80台の販売を目指す。

サソリ型クレーン?1.7トン吊り自走式クレーン―古河ユニック

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (後編)

    地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (後編)

  3. 福岡市の西部市場跡地売却、白十字病院に/フィットネス広場も整備

    福岡市の西部市場跡地売却、白十字病院に/フィットネス広場も整備

  4. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  5. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  6. スラムを住みたい街に変えた復興術-ジョンソンタウン編-

  7. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  8. 世界の上をいくユニバーサルデザイン!新国立競技場の基本設計まとまる

  9. JR四国『太平洋パノラマトロッコ号』がごめん・なはり線へ

  10. いすゞ、UDトラックスへOEM供給へ基本合意

アクセスランキングをもっと見る

page top