サソリ型クレーン? 1.7トン吊り自走式新製品……古河ユニック 画像 サソリ型クレーン? 1.7トン吊り自走式新製品……古河ユニック

インバウンド・地域活性

 古河ユニックは自走式クレーン「ミニ・クローラークレーン」の1・73トン吊(つ)りクラスの新製品「UR―U174C」を発売した。既存の995キログラム―2・93トンの3モデルになかった吊り上げ能力の製品を投入する。クローラーに片側2個のローラーを搭載し、地面の凹凸に合わせて安定して走行できる。価格は510万円(消費税抜き)。石材、造園、設備据え付け業向けに、年間80台の販売を目指す。

サソリ型クレーン?1.7トン吊り自走式クレーン―古河ユニック

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  2. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  3. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  4. 電動一輪車「ワンホイール i-1」のテストモニター100台追加

  5. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  8. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  9. 自動化できない「曲げ寸法公差1mm」を実現するハンマー職人

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top