なでしこチームが小中学生案内、日建連が北九州市で現場見学会 画像 なでしこチームが小中学生案内、日建連が北九州市で現場見学会

インバウンド・地域活性

 日本建設業連合会(日建連)は24日、北九州市八幡東区山王で奥村組が施工中の同社九州支店社屋・寮新築工事現場で「けんせつ小町活躍現場見学会」を開いた=写真。県内外から女子小中学生とその保護者、兄弟29人が参加。建設現場の女性で構成する「なでしこ工事チーム」の一つである「八幡ひまわり」のメンバーの案内で現場を見学し、作業などを体験。和やかな雰囲気で建設現場で働く女性らとの交流を楽しんだ。
 見学会は九州地方整備局が後援。日建連が全国で開催しているけんせつ小町活躍現場見学会としては14カ所目で今年は同日が最終回。
 参加者は八幡ひまわりのリーダーである阿部由美工事所長らから工事の概要や特徴などの説明を受けた後、八幡ひまわりのメンバーの案内で工事が進む建物の内部や特徴である免震装置などを見学。鉄筋組みや免震体験装置、タイル張りなどを体験した。
 見学後の質疑応答で建設業界で働くことになったきっかけを問われた八幡ひまわりのメンバーは「段差のある家でおばあちゃんが不自由な足で一生懸命歩いているのを見て中学生の時にこの仕事に就こうと思った」「阪神淡路大震災での被害を知り、地震が起きても丈夫な建物を造りたいと思った」などと話した。
 参加した子どもたちは「免震装置を体験し、揺れないのがすごいと思った」「鉄筋を組むのがちょっと難しかったけど楽しかった」「建築の仕事は男の人がやるものだと思っていたけど女の人がいろいろと働いているのがかっこよかった」などと感想を述べた。
 同工事の規模はS・RC造6階建て塔屋1階延べ3374平方メートル。1階と2階の間の免震層に免震装置を設けた中間階免震構造を採用し、1階がRC造、2階以上がS造。現在は鉄骨の建て方を終え、今後は外装工事などを進める。16年5月の完成を予定。設計も同社が担当。

日建連/北九州市でけんせつ小町現場見学会開く/なでしこチームが小中学生案内

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 中野区の新区役所庁舎基本設計、現庁舎の北西側に移転、改築

    中野区の新区役所庁舎基本設計、現庁舎の北西側に移転、改築

  2. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  3. みなとみらい21の新港地区客船ターミナル施設整備/ラグビーW杯に向けホテルも

    みなとみらい21の新港地区客船ターミナル施設整備/ラグビーW杯に向けホテルも

  4. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  5. 現役高校生が考える地域活性化ビジネス……千葉商科大「地元再発見コンテスト」が開催

  6. ~着地型観光:1~外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

  7. 最先端のテキスタイルを世界へ!小松精練が今年もパリで単独個展

  8. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  9. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top