JCHO仙台病院建替設計・監理入札公告、11月11日まで参加受付 画像 JCHO仙台病院建替設計・監理入札公告、11月11日まで参加受付

インバウンド・地域活性

 地域医療機能推進機構(JCHO)仙台病院(仙台市青葉区、田熊淑男院長)は27日、仙台病院建て替え工事の「基本・実施設計、工事監理業務委託」の一般競争入札を公告する。総合評価方式を採用。参加表明を11月11日まで、技術資料の提出を12月10日まで受け付ける。開札は同21日に行う。仙台病院の老朽化を踏まえ、仙台市青葉区から同泉区に移転・新築する計画。新病棟に立体駐車場などを加えた総延べ床面積は約4万平方メートルを見込んでいる。新病院のオープンは19年6~7月ころを予定している。
 参加条件は、厚生労働省の「建築関係コンサルタント」A等級で、東北ブロックでの競争参加資格を持つ1級建築士事務所。05年度以降に所定の経験を持つ技術者の配置を求める。
 設計業務の管理技術者には、延べ2万2000平方メートル以上の病院の新築または増築の実施設計を管理技術者または主任担当技術者として2件以上行った実績が必要。
 工事監理業務の管理技術者には、延べ1万1000平方メートル以上の病院の新築または増築の工事監理を管理技術者または担当技術者として1件以上行った実績が求められる。
 建築意匠と建築構造、電気、機械の各主任担当技術者についても、延べ1万1000平方メートル以上の病院の実施設計に関して、主任担当技術者であれば1件以上、担当技術者であれば3件以上の実績が必要となる。
 業務概要は、設備を含めた病院新築の基本・実施設計および工事監理業務。履行期限は19年3月31日。
 新病院の建設地は仙台市泉区紫山2の1ほか。敷地面積は4万3635平方メートル。
 新病院の規模は、RCまたはS造8階建て延べ3万1825平方メートルで、病床数は384を想定している。このほか立体駐車場(延べ約8000平方メートル)を設ける。
 新病院の建設工事は、建築、電気、機械に分割して発注する。16年度第4四半期の入札を予定している。工事期間はいずれも約24カ月。最終工期は18年度内を見込んでいる。

JCHO仙台病院/病院建替設計・監理入札公告/11月11日まで参加受付

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  2. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  3. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  4. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 【水産流通革命:2】鮮魚の産直開拓、漁協の関係をどう築く?

  7. 自動化できない「曲げ寸法公差1mm」を実現するハンマー職人

  8. 丼からはみ出る長さ、味も抜群のアスパラ天。高松市のうどん店

  9. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  10. 横浜の町工場×デザイン、ヌンチャク系iPhoneケース「Trick Cover」に千原徹也コラボモデル

アクセスランキングをもっと見る

page top