JCHO仙台病院建替設計・監理入札公告、11月11日まで参加受付 画像 JCHO仙台病院建替設計・監理入札公告、11月11日まで参加受付

インバウンド・地域活性

 地域医療機能推進機構(JCHO)仙台病院(仙台市青葉区、田熊淑男院長)は27日、仙台病院建て替え工事の「基本・実施設計、工事監理業務委託」の一般競争入札を公告する。総合評価方式を採用。参加表明を11月11日まで、技術資料の提出を12月10日まで受け付ける。開札は同21日に行う。仙台病院の老朽化を踏まえ、仙台市青葉区から同泉区に移転・新築する計画。新病棟に立体駐車場などを加えた総延べ床面積は約4万平方メートルを見込んでいる。新病院のオープンは19年6~7月ころを予定している。
 参加条件は、厚生労働省の「建築関係コンサルタント」A等級で、東北ブロックでの競争参加資格を持つ1級建築士事務所。05年度以降に所定の経験を持つ技術者の配置を求める。
 設計業務の管理技術者には、延べ2万2000平方メートル以上の病院の新築または増築の実施設計を管理技術者または主任担当技術者として2件以上行った実績が必要。
 工事監理業務の管理技術者には、延べ1万1000平方メートル以上の病院の新築または増築の工事監理を管理技術者または担当技術者として1件以上行った実績が求められる。
 建築意匠と建築構造、電気、機械の各主任担当技術者についても、延べ1万1000平方メートル以上の病院の実施設計に関して、主任担当技術者であれば1件以上、担当技術者であれば3件以上の実績が必要となる。
 業務概要は、設備を含めた病院新築の基本・実施設計および工事監理業務。履行期限は19年3月31日。
 新病院の建設地は仙台市泉区紫山2の1ほか。敷地面積は4万3635平方メートル。
 新病院の規模は、RCまたはS造8階建て延べ3万1825平方メートルで、病床数は384を想定している。このほか立体駐車場(延べ約8000平方メートル)を設ける。
 新病院の建設工事は、建築、電気、機械に分割して発注する。16年度第4四半期の入札を予定している。工事期間はいずれも約24カ月。最終工期は18年度内を見込んでいる。

JCHO仙台病院/病院建替設計・監理入札公告/11月11日まで参加受付

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

    名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  2. “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

    “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

  3. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

    東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  4. 東急ホテルズ、川崎市に世界初の「水素ホテル」、羽田からのインバウンド

  5. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  7. 【那覇型ビジネス成功の理由:2】バーコードが生む観光サービス

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

アクセスランキングをもっと見る

page top