水揚げ新鮮魚介が直接届くオーナー制度が登場! 漁業活性化へ 画像 水揚げ新鮮魚介が直接届くオーナー制度が登場! 漁業活性化へ

インバウンド・地域活性

 バリューデータは27日、魚介類のオーナーになれるプラットフォームサービス「漁師さん直送オーナー制度」を発表。オーナーの募集を開始した。

 同制度は石川県七尾市の鹿渡島定置、兵庫県明石市の海蓮丸、岡山県玉野市の邦美丸と連携したもの。オーナーになるとそれぞれが水揚げした魚介類が、朝獲れの場合には最短で翌日午前中に直送される。また、提携漁師を訪ねての乗船体験、ロープワーク、海苔の手すきといった「漁師のしごと体験」に参加することも可能だ。

 オーナーになるための年会費は1万円だが、漁師やプランによって特典・年会費は異なる。

 日本の漁業は漁師の高齢化や後継者問題、漁獲量の減少、魚価の低迷など、さまざまな課題を抱えている。同社では今回の「漁師さん直送オーナー制度」のほか、水産物の産地直送サイト「漁師さん直送市場」、産直魚介類を提供する飲食店の検索サイト「漁師さん直送グルメ」を運営。漁師、飲食店・小売店、消費者の三者がWin-Winとなれる“産地直送プラットフォーム”を目指している。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【水産流通革命:2】鮮魚の産直開拓、漁協の関係をどう築く?

    【水産流通革命:2】鮮魚の産直開拓、漁協の関係をどう築く?

  2. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

    「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  3. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  4. 東京の航空部品メーカー、新潟に2工場を一気に新設!

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. ■ニュース深堀り!■中国資本でよみがえる大阪の中小製造業

  7. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  8. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

アクセスランキングをもっと見る

page top