マツダ、タイでSKYACTIVエンジンの量産開始 画像 マツダ、タイでSKYACTIVエンジンの量産開始

海外進出

マツダは10月26日、タイのパワートレイン生産拠点「Mazda Powertrain Manufacturing (Thailand) Co., Ltd.」(MPMT)で、エンジンの量産開始を祝う式典を実施した。

記念式典には、MPMTの川上英範社長兼CEOをはじめとする従業員や、マツダの菖蒲田清孝常務執行役員、藤川和久常務執行役員など、約400名が出席し、タイにおけるエンジンの量産開始を祝った。

MPMTのエンジン工場は、低燃費・低公害の小型車に優遇税制が適用されるタイのエコカー優遇制度(第2期)に対応して建設。日本の本社工場(広島市南区)、中国の「長安フォードマツダエンジン有限公司」、メキシコの「マツダデメヒコビークルオペレーション」に続いて、4拠点目となるSKYACTIVエンジンの生産拠点となる。

年間生産能力は約3万基で、現在生産している「SKYACTIV-D1.5」は、同国にある車両生産拠点「オートアライアンス(タイランド)Co., Ltd.」に出荷され、タイ市場向けの『マツダ2(デミオ)』に搭載される。

マツダ、タイ新工場でSKYACTIVエンジンの量産開始…世界4拠点目

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  2. クアラルンプールの「ジャパンストア」、2月レストランフロアをオープン

    クアラルンプールの「ジャパンストア」、2月レストランフロアをオープン

  3. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

    NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  4. 双日、ミャンマーで外食事業に参入。3月にフードコートをオープン

  5. スズキ GSX250R、中国では即900台売れた!

  6. シンガポールは日本企業のどこに「ベスト」を見ているのか?

  7. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  8. 三井住友建設によるベトナム初の都市鉄道建設工事、総額227億円

  9. 労働力・生産性・賃金でみる東アフリカとアジア市場

  10. ミャンマー観光への外国からの投資は約30億ドル、さらにアピール

アクセスランキングをもっと見る

page top