栃木・足利銀行と茨城・常陽銀行の統合、地域企業への影響は? 画像 栃木・足利銀行と茨城・常陽銀行の統合、地域企業への影響は?

マネジメント

 地方銀行で栃木県に本拠を置く足利銀行を傘下にもつ足利ホールディングスと、茨城県に本拠を置く常陽銀行が、経営統合に向けて検討段階に入っていることが26日に明らかになった。これを受けて東京商工リサーチは27日、「足利銀行・常陽銀行取引企業」調査というレポートを公開した。

 この統合が実行されれば、地銀の中で総資産額がコンコルディア・フィナンシャルグループ(横浜銀行、東日本銀行)の17兆3089億円、ふくおかフィナンシャルグループ(福岡銀行、熊本銀行、親和銀行)の15兆6759億円に次ぐ、14兆8833億円で第3位の地銀グループが誕生することになる。

 店舗数は2015年3月末時点で足利銀行が103店舗、常陽銀行が152店舗の計255店舗。メインバンクとする企業数は足利銀行が1万4459社、常陽銀行が1万6129社で計3万588社。産業別に内訳をみると、両行とも最多は建設業で、足利銀行は2位以下が飲食業や宿泊業などを含むサービス業他や製造業、小売業、卸売業の順。一方、常陽銀行はサービス業他、小売業、製造業、卸売業となった。

 ともに営業基盤の強い地域が北関東で、主要貸出先の業界を似ていることから、経営統合による経営の効率化に効果が期待される。一方、両行にとって弱みのある地域や業界においては営業強化が求められる。これは両行と取引している企業にとって、効率化を目的にした店舗の統廃合により、両行との関係性の希薄化が懸念される。今後の動きを注視したい。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 運送業に若者や女性を! 人材確保に役立つ資料を全ト協が公開

    運送業に若者や女性を! 人材確保に役立つ資料を全ト協が公開

  2. 常時監視の顔認証でなりすましを防ぐ、NECのマイナンバーソリューション

    常時監視の顔認証でなりすましを防ぐ、NECのマイナンバーソリューション

  3. 16年度建築保全業務労務単価決定、12分類の全国平均1.05%上昇

    16年度建築保全業務労務単価決定、12分類の全国平均1.05%上昇

  4. 国交省、地方管理空港向け舗装維持管理手引作成、点検頻度設定や修繕施工手順解説

  5. 国交省、「担い手3法」の取り組み状況をHPで紹介

  6. ムスリム観光客へのおもてなし勉強会、3月から毎月開催

  7. 半導体製造の業界再編進む――ルネサス、滋賀工場設備をロームに売却

  8. 人手不足で29社が倒産、後継者不在と求人難が中小企業経営の重要課題に

  9. シャープ、鴻海が買収……従業員・技術・ブランド維持など課題

  10. スーパーの敷地にバーベキュー場……「手ぶらでバーベキュー」がブームの兆し

アクセスランキングをもっと見る

page top