米ブリヂストン、用品販売大手を買収 画像 米ブリヂストン、用品販売大手を買収

海外進出

ブリヂストンの米国子会社、ブリヂストン アメリカス は10月26日、ザ ペップ ボーイズ - マニー、モー アンド ジャック(以下、ペップ ボーイズ社)を買収する最終契約を締結した、と発表した。

ペップ ボーイズ社は、米国でタイヤ販売などを行っている大手自動車用品小売チェーン。ブリヂストン アメリカスの子会社、ブリヂストン リテール オペレーションズ エルエルシー(以下、BSRO)が、ペップ ボーイズ社を買収する形を取る。

1921年創業のペップ ボーイズ社は、米国における自動車アフターマーケットの大手。自動車タイヤの販売、整備・補修及び自動車用品の販売を行う小売店を、米国35州とプエルトリコに800店舗以上を展開している。

また、BSROは、「ファイアストン コンプリート オートケア」などのブランドで、全米に2200店舗以上の自動車タイヤ販売、自動車整備・補修及び自動車用品を販売する小売店を運営。

今回のペップ ボーイズ社の買収により、ブリヂストンが米国に保有する小売店網を、より一層強化することが可能になる。ブリヂストンは、「ペップ ボーイズ社買収により、BSROが運営する小売店網は約35%拡大する見込み。米国市場における小売店網のより一層の拡充を図ることで、これまで以上に幅広い層の顧客に、ブリヂストングループの商品やサービスを提供することが可能になるだろう」とコメントしている。

ブリヂストン、米自動車用品販売大手を買収…販売網を強化

《森脇稔》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 急成長するミャンマー自動車ビジネス、日系企業はどう見る?

    急成長するミャンマー自動車ビジネス、日系企業はどう見る?

  2. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

    自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  3. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  4. 全人代透視-元中国大使が本当に伝えたいこと

  5. 【特別企画】訪日観光客2000万人突破と中小企業の生き残りを懸けた海外戦略[後編]

  6. マレーシア~シンガポール間の高速鉄道に各国企業が関心

  7. フィリピンでの再生エネ事業、ノウハウを国内に逆輸入

  8. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  9. 社員の発案きっかけ、ミャンマーで小中学校建設に協力

  10. マレーシア、Uモバイルが国内通話無料・7GBデータ通信の新プラン

アクセスランキングをもっと見る

page top