イヌ用の人工血液を開発! ペットの輸血向け 中央大 画像 イヌ用の人工血液を開発! ペットの輸血向け 中央大

インバウンド・地域活性

 中央大学理工学部の小松晃之教授らは、イヌ用の人工血液を開発した。酸素を運ぶ役割を担うたんぱく質「ヘモグロビン」をイヌ由来のたんぱく質で包んだ直径8ナノメートル(ナノは10億分の1)の複合体を作製し、血液中に含まれる赤血球の代替物として機能することを明らかにした。ペットなどの動物に対する輸血治療への貢献が期待できる。

 今後、製薬企業と共同でイヌに対し人工血液の治療の有効性や安全性などを検証していく。5年後をめどに実用化を目指す。

 血清中に多く含まれるたんぱく質「血清アルブミン」を作るDNAをイヌの肝臓から取り出した上で酵母に入れて増殖させ、同たんぱく質を抽出。その後、ウシの赤血球から取り出したヘモグロビンをイヌ血清アルブミンで包んだ複合体を作り、その構造と酸素結合能を明らかにした。

 研究チームはすでにヒト由来の血清アルブミンでヘモグロビンを覆った複合体を作製済み。血圧上昇などの副作用がないことを動物実験で確認している。

 国内では犬猫の飼育頭数が2000万頭を超え、ペットの医療に対する需要が高まっている。動物の輸血の頻度も増加傾向にあるが、現状では輸血が必要な重症動物に対しては獣医師が自分で輸血液を入手する必要がある。

中央大がイヌ用の人工血液を開発!ペットの輸血向け

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

    虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  2. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 富裕層インバウンドの法則その4

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

  7. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  8. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  9. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  10. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

アクセスランキングをもっと見る

page top