イヌ用の人工血液を開発! ペットの輸血向け 中央大 画像 イヌ用の人工血液を開発! ペットの輸血向け 中央大

インバウンド・地域活性

 中央大学理工学部の小松晃之教授らは、イヌ用の人工血液を開発した。酸素を運ぶ役割を担うたんぱく質「ヘモグロビン」をイヌ由来のたんぱく質で包んだ直径8ナノメートル(ナノは10億分の1)の複合体を作製し、血液中に含まれる赤血球の代替物として機能することを明らかにした。ペットなどの動物に対する輸血治療への貢献が期待できる。

 今後、製薬企業と共同でイヌに対し人工血液の治療の有効性や安全性などを検証していく。5年後をめどに実用化を目指す。

 血清中に多く含まれるたんぱく質「血清アルブミン」を作るDNAをイヌの肝臓から取り出した上で酵母に入れて増殖させ、同たんぱく質を抽出。その後、ウシの赤血球から取り出したヘモグロビンをイヌ血清アルブミンで包んだ複合体を作り、その構造と酸素結合能を明らかにした。

 研究チームはすでにヒト由来の血清アルブミンでヘモグロビンを覆った複合体を作製済み。血圧上昇などの副作用がないことを動物実験で確認している。

 国内では犬猫の飼育頭数が2000万頭を超え、ペットの医療に対する需要が高まっている。動物の輸血の頻度も増加傾向にあるが、現状では輸血が必要な重症動物に対しては獣医師が自分で輸血液を入手する必要がある。

中央大がイヌ用の人工血液を開発!ペットの輸血向け

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【東北の農林水産業は復活する!】最新設備で生まれ変わる水産加工ビジネス、気仙沼復興の今

    【東北の農林水産業は復活する!】最新設備で生まれ変わる水産加工ビジネス、気仙沼復興の今

  2. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

    名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  3. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

    羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  5. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  6. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  7. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  8. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  9. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  10. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

アクセスランキングをもっと見る

page top