麻生セメント新社長に麻生巖取締役昇格、16年1月1日就任 画像 麻生セメント新社長に麻生巖取締役昇格、16年1月1日就任

マネジメント

 麻生セメントは、麻生巖取締役(麻生社長兼グループ経営委員会委員長)が16年1月1日付で社長に就任する人事を発表した。麻生泰社長は代表権のある会長に就く。
 麻生 巖氏(あそう・いわお)97年慶大経済学部卒、日本長期信用銀行(現新生銀行)入行。00年麻生セメント(現麻生)監査役、01年取締役、10年社長、11年グループ経営委員会委員長。01年8月に事業分社化で発足した麻生セメント取締役。福岡県出身、41歳。

麻生セメント/新社長に麻生巖取締役昇格/16年1月1日就任

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. なぜ? 経営再建の東芝がメガネ型端末を初出荷1週前に発売中止

    なぜ? 経営再建の東芝がメガネ型端末を初出荷1週前に発売中止

  2. 清水建設が東燃ゼネラル・静岡ガスと新会社、天然ガス火力発電へ

    清水建設が東燃ゼネラル・静岡ガスと新会社、天然ガス火力発電へ

  3. セブン-イレブンで”業界初“商品が相次ぎ登場

    セブン-イレブンで”業界初“商品が相次ぎ登場

  4. 人手不足で29社が倒産、後継者不在と求人難が中小企業経営の重要課題に

アクセスランキングをもっと見る

page top