麻生セメント新社長に麻生巖取締役昇格、16年1月1日就任 画像 麻生セメント新社長に麻生巖取締役昇格、16年1月1日就任

マネジメント

 麻生セメントは、麻生巖取締役(麻生社長兼グループ経営委員会委員長)が16年1月1日付で社長に就任する人事を発表した。麻生泰社長は代表権のある会長に就く。
 麻生 巖氏(あそう・いわお)97年慶大経済学部卒、日本長期信用銀行(現新生銀行)入行。00年麻生セメント(現麻生)監査役、01年取締役、10年社長、11年グループ経営委員会委員長。01年8月に事業分社化で発足した麻生セメント取締役。福岡県出身、41歳。

麻生セメント/新社長に麻生巖取締役昇格/16年1月1日就任

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 大林組、急曲トンネル対応のベルト捻転装置開発

    大林組、急曲トンネル対応のベルト捻転装置開発

  2. 経済調査会、理事長に高田実男氏就任

    経済調査会、理事長に高田実男氏就任

  3. ハードウェアスタートアップ支援の新サービス、工場のマッチング図る

    ハードウェアスタートアップ支援の新サービス、工場のマッチング図る

  4. ファミマ・ユニー統合! どうなる業界再編?

  5. ロボスーツと疲労軽減ウエアを併用、重作業の負担軽減 竹中工務

  6. ストレスが少ないのは大企業よりも小規模企業の社員!?

アクセスランキングをもっと見る

page top