麻生セメント新社長に麻生巖取締役昇格、16年1月1日就任 画像 麻生セメント新社長に麻生巖取締役昇格、16年1月1日就任

マネジメント

 麻生セメントは、麻生巖取締役(麻生社長兼グループ経営委員会委員長)が16年1月1日付で社長に就任する人事を発表した。麻生泰社長は代表権のある会長に就く。
 麻生 巖氏(あそう・いわお)97年慶大経済学部卒、日本長期信用銀行(現新生銀行)入行。00年麻生セメント(現麻生)監査役、01年取締役、10年社長、11年グループ経営委員会委員長。01年8月に事業分社化で発足した麻生セメント取締役。福岡県出身、41歳。

麻生セメント/新社長に麻生巖取締役昇格/16年1月1日就任

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 2014年度教育産業市場、eラーニングなど6分野が拡大

    2014年度教育産業市場、eラーニングなど6分野が拡大

  2. 日本人ICCTメンバーに聞く「VW不正のメカニズムと規制の行方」

    日本人ICCTメンバーに聞く「VW不正のメカニズムと規制の行方」

  3. 中小企業数、減少傾向ながらペースはゆるやかに

    中小企業数、減少傾向ながらペースはゆるやかに

  4. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

  5. 暫定2車線の「高速道路4車線化」を促進

  6. 週休2日工事は成果があがるのか……国交省と日建連が本年度に試行成果検討へ

  7. 石井国交相、工事にICT(情報通信技術)を全面活用

  8. クリーニング屋の優れた技術をウェブCMに! 業界紙コラボのIT販促代行

アクセスランキングをもっと見る

page top