天気予報で物流革命、「冷やし中華つゆ」の在庫を圧縮できた! 画像 天気予報で物流革命、「冷やし中華つゆ」の在庫を圧縮できた!

IT業務効率

 日本気象協会は26日、「需要予測の精度向上・共有化による省エネ物流プロジェクト」の事業初年度となる、平成26年度の成果を公表。2年目となる27年度の取り組み内容も紹介している。

 同事業では日本気象協会が気象情報に加えて、POSデータなどのビッグデータも解析。高度な需要予測を行ない、食品メーカー(製)、卸売事業者(配)、小売事業者(販)の各社に情報を提供する。

 従来は製・配・販の間で情報共有が十分に行われず、各流通段階にて生産量や注文量にミスマッチ(予測の誤差)が発生していた。そこで、同協会がこれらの情報を一元化し、需要予測の精度を向上することが同事業での狙い。食品の廃棄や返品などを減少させ、二酸化炭素ロスの5%削減を目指す。

 26年度はMizkanの「冷やし中華つゆ」、相模屋食料の「豆腐」を対象に関東地域で事業を実施。売上、発注量、廃棄量、気象といった各種データを解析し、生産量を調整した結果、二酸化炭素ロスを「冷やし中華つゆ」では約40%、「豆腐」では約30%削減できることを確認。また、「冷やし中華つゆ」については昨夏と比較して、今年8月末時点で2割弱の在庫が圧縮できた。

 27年度は地域を関東から全国へと広げ、対象商品もネスレ日本のコーヒーやポッカサッポロフード&ビバレッジの炭酸飲料などに拡大。POSデータ解析においても、ローソンやバローホールディングス、カメガヤのデータを使用する。なお、解析には今年5月に設立された国立研究開発法人産業技術総合研究所「人工知能研究センター」などの研究機関も参加。ツイッターといったSNSの情報により体感温度なども解析し、需要予測への反映を目指す。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  2. 【特集・スマート決済】他社連携でさらに広がる「Airレジ」

    【特集・スマート決済】他社連携でさらに広がる「Airレジ」

  3. 【スマート林業:3】電力自由化!間伐材で作る再生エネ!

    【スマート林業:3】電力自由化!間伐材で作る再生エネ!

  4. 「ラー麦女子部」が活躍中!ところで、ラー麦って何?

  5. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  6. 大林組と岩崎が盛り土の無人動態観測システム開発

  7. 【商売を大逆転させる、スマート決済!】軽減税率でPOSの導入が必須に? 知っておきたいPOSレジシステム最新事情!

  8. 【ITで攻めの農業:3】圃場のクラウド管理で一等米を増産!

  9. 成功報酬型「WEBサイトのインフラコスト削減サービス」登場

  10. 【ICTが変える高齢化社会:6】介護になぜICTが好まれるのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top