天気予報で物流革命、「冷やし中華つゆ」の在庫を圧縮できた! 画像 天気予報で物流革命、「冷やし中華つゆ」の在庫を圧縮できた!

IT業務効率

 日本気象協会は26日、「需要予測の精度向上・共有化による省エネ物流プロジェクト」の事業初年度となる、平成26年度の成果を公表。2年目となる27年度の取り組み内容も紹介している。

 同事業では日本気象協会が気象情報に加えて、POSデータなどのビッグデータも解析。高度な需要予測を行ない、食品メーカー(製)、卸売事業者(配)、小売事業者(販)の各社に情報を提供する。

 従来は製・配・販の間で情報共有が十分に行われず、各流通段階にて生産量や注文量にミスマッチ(予測の誤差)が発生していた。そこで、同協会がこれらの情報を一元化し、需要予測の精度を向上することが同事業での狙い。食品の廃棄や返品などを減少させ、二酸化炭素ロスの5%削減を目指す。

 26年度はMizkanの「冷やし中華つゆ」、相模屋食料の「豆腐」を対象に関東地域で事業を実施。売上、発注量、廃棄量、気象といった各種データを解析し、生産量を調整した結果、二酸化炭素ロスを「冷やし中華つゆ」では約40%、「豆腐」では約30%削減できることを確認。また、「冷やし中華つゆ」については昨夏と比較して、今年8月末時点で2割弱の在庫が圧縮できた。

 27年度は地域を関東から全国へと広げ、対象商品もネスレ日本のコーヒーやポッカサッポロフード&ビバレッジの炭酸飲料などに拡大。POSデータ解析においても、ローソンやバローホールディングス、カメガヤのデータを使用する。なお、解析には今年5月に設立された国立研究開発法人産業技術総合研究所「人工知能研究センター」などの研究機関も参加。ツイッターといったSNSの情報により体感温度なども解析し、需要予測への反映を目指す。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  2. ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

    ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

  3. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

    すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

  4. ~スマート林業:4~誰にでも開かれた「材木屋」

  5. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  6. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  7. ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

  8. 【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

  9. ドローンの飛行禁止区域等がわかる地図サービス登場!

  10. ~スマート林業:6~新しい人材、新しい学びの場

アクセスランキングをもっと見る

page top