滋賀県知事がマレーシアでトップセールス! 画像 滋賀県知事がマレーシアでトップセールス!

インバウンド・地域活性

交流会も実施
滋賀県の三日月知事は10月29日から11月3日まで、マレーシアを訪問し観光や県産食材等のセールスを行う。滞在中には訪日旅行取り扱い大手の旅行会社や主要なバイヤーを訪問し、輸出・インバウンド等の販路拡大や旅行商品の造成を促進する。

併せて実施予定の交流会では、近江牛やお茶、湖魚などの特産品を紹介し、外国人になじみのない地酒やふなずし等は、炭酸でわったり、クラッカーに載せたりして実際に食べてもらうことで、食の魅力をPRする。

伸び盛りのインバウンド旅行者
観光庁の宿泊統計調査によると、昨年のマレーシアから滋賀県への宿泊旅行者は対前年比で343%となっている。また、今年の上半期の推計値でも前年比170%前後と急増している。

ガイドブックを印刷
好調な観光客の動きを受けて、県は今月、マレー語やタイ語のガイドブック「good Luck Trip SHIGA」を作成、5万部を印刷した。東南アジアの旅行会社や、国内の空港、県内の観光案内所などに配布している。

魅力は雪
マレーシア人観光客に人気があるスポットは、「びわ湖バレイ」(大津市)や「奥伊吹スキー場」(米原市)等の雪を見られる場所で、県観光交流局の担当者によると「大阪で遊び、京都で歴史的建造物を観光し、滋賀で雪を見るという人が多い」(産経新聞より引用)
という。

滋賀県知事がマレーシアでトップセールス

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

    京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

    造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  4. 【地方発ヒット商品の裏側】町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  5. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  6. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  7. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  8. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  9. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  10. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

アクセスランキングをもっと見る

page top