竹中工務店、鉄筋工事BIMソフト開発、手戻りなど防止 画像 竹中工務店、鉄筋工事BIMソフト開発、手戻りなど防止

インバウンド・地域活性

 竹中工務店は、設計者から施工管理技術者、協力会社の鉄筋技能者までが活用できる鉄筋工事専用ソフト「鉄筋工事BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ソフト」を開発し、大阪・京都・神戸の教育施設や事務所、医療施設など9プロジェクトで適用した。設計段階で柱・梁接合部の鉄筋の納まりを3次元モデルで確認し施工計画を検討できるため、手戻りなどを防止できる。同ソフトの活用により、同規模・同種施設で比較すると鉄筋工事の生産効率を5~10%向上できたという。
 同ソフトは、同社が開発を進める「RC一貫生産支援システム」(RCS)の鉄筋工事分野を担う。
 従来、鉄筋工事の納まりの検討は、2次元CADで行っていたが、複雑な配筋ルールの反映、設計図やコンクリート施工図との調整など、完成までに多くの手間がかかっていた。加工図は、手描きや2次元CADで主に鉄筋工事協力会社が作成するため、鉄筋工事の職長に負荷がかかっていた。
 これまで構造計算時に作成するデータを活用した3次元での鉄筋納まり検討や、施工用の加工図作成などを簡単な操作で対応できるBIMソフトはなかったため、同社は2010年にソフト開発に着手した。
 新ソフトでは、構造計算時に作成する鉄筋の径や本数などデータを使い、設計段階では柱と梁の接合部納まりを3次元モデルで確認できるようにした。施工段階では、工事担当者がコンクリート施工図を確認し、鉄筋納まり検討図の作成と鉄筋工事施工計画を容易に検討できるようになった。
 さらに鉄筋工事協力会社の職長らは、システムを活用し、鉄筋1本ごとの継ぎ方や長さ、形状などを示した加工図と加工帳(集計表)を作成できるようになり、施工現場でも、データをタブレット端末やプリントアウトした図面で確認するようになった。
 このソフトの稼働で、データ入力の間違いによる手戻りを防ぐことができ、鉄筋工事の納まり検討、加工図の作成などの業務効率化を実現した。
 3次元で可視化できるようになったため、設計者と施工者の合意形成もスピードアップ。品質も向上できたという。今後、全国の同社設計・施工案件で本格的に適用していく。
 技能者が不足する中、同社では鉄筋工事協力会社と連携しソフト開発を推進し、さらに生産性の向上を目指す。将来的には、CAM(コンピューター支援製造)による自動加工への展開や設計監理者の検査業務への活用、鉄筋工事BIMソフトと設備BIMソフトと連携した梁貫通スリーブ位置の検討も視野に入れて研究を進める方針だ。

竹中工務店/鉄筋工事BIMソフト開発/手戻りなど防止

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 東京女子医科大学、河田町キャンパス再整備構想案/9年かけて更新

    東京女子医科大学、河田町キャンパス再整備構想案/9年かけて更新

  3. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  4. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  5. 練馬光が丘病院移転改築/整備・運営は地域医療振興協会に

  6. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  7. みなとみらい21の大規模複合ビル計画、JR横浜駅からペデストリアンデッキで接続

  8. 十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

  9. 明治維新150年で「記念邸園」整備/大磯町の旧伊藤博文邸など活用

  10. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

アクセスランキングをもっと見る

page top