スマホ撮影でかんきつの収穫適期判定…松山市企業がアプリ開発 画像 スマホ撮影でかんきつの収穫適期判定…松山市企業がアプリ開発

IT業務効率

 松山市の農業資材会社.一色本店が、多機能携帯電話(スマートフォン=スマホ)やタブレット端末を使ってかんきつの収穫適期を見極めるアプリを開発し、配信を始めた。アプリを起動して収穫前の果実を撮影すると、色合いから「まだまだ」「そろそろ」「とりごろ」の3段階で判定する。温州ミカンなど7種類に対応できる。

 アプリ名は「とりごろCrop(クロップ)」。スマホのカメラで果実を写すだけで初心者でも失敗せずに収穫できるため、観光農園などで活用できる。アプリの無料版は温州ミカン、伊予カン、デコポン(不知火)が判定可能。有料版は「せとか」「清見」「甘平」「愛媛果試第28号(紅まどんな)」も判定できる。課金額は1種類ずつで、120円前後の予定だ。

 同社は「手袋に貼る簡易なカラーチャートも販売しているが、スマホなら若い人に手軽に使ってもらえる」と説明する。アプリは、iPhone(アイフォーン)やiPad(アイパッド)などアップル社の基本ソフトで動く機器で使える。

 問い合わせは同社、(電)089(922)4141。

かんきつ 収穫適期 スマホで“ぴたり”判定 松山市のメーカー

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  2. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

    【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  3. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

    【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  4. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  5. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  6. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  7. 食と安全が生んだエームサービスの健康経営

  8. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  9. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  10. 【ITで攻めの農業:3】圃場のクラウド管理で一等米を増産!

アクセスランキングをもっと見る

page top