青天の霹靂、新之助、みずかがみ……米ブランド化に意外な新戦略 画像 青天の霹靂、新之助、みずかがみ……米ブランド化に意外な新戦略

インバウンド・地域活性

 米の新顔銘柄を売り込もうと、ブランド名にあえて難しい漢字や、食品業界で「食欲を減退させる」と敬遠されがちな青色を米袋に使う産地が出てきた。新品種の開発競争が激しくなる中、少しでも強く消費者に印象付ける戦略だ。専門家は「保守的とされる米の世界で、既成概念を打ち破る商品が成功すれば、業界がもっと活気づく可能性がある」と注目する。

・難読漢字、男性の名前、袋に青色・・・

 青森県やJAグループ青森は、新品種「青天の霹靂(へきれき)」を今月、地元や東京都内などでデビューさせた。名称は公募で選んだ。米の名前は平仮名や片仮名書きが主流で、当初は「漢字が難しく、浸透しないのではないか」と異論も多かった。しかし、県は「突如として現れる稲妻のような鮮烈な存在となってほしい」と決定した。

 今年の作付面積は550ヘクタール、生産見込み量は約2500トンとまだ少ないが、全国的に話題となっている。日本航空は国際線ファーストクラスラウンジでの提供を決めた。大手米卸も「今年、一番の注目銘柄」と口をそろえ、取り扱う県内外のスーパーでは売り切れ店も相次ぐ。

 JA全農あおもりは「食味には絶対の自信がある。ただ、各地で新品種が続々と誕生しているだけに、まず食べてもらわないと勝負できない」と狙いを明かす。

 新潟県も、2017年秋のデビューを目指す新品種に「新之助(しんのすけ)」と名付けた。泉田裕彦知事は「米は女性的な名称が多かったが、日本男児にちなんだ名前にした」。17年産で1万トンの生産を計画する。

 13年度にデビューした滋賀県の新品種「みずかがみ」。県やJAグループ滋賀などは米袋のデザインに、琵琶湖の水を連想させる青を採用している。県などは「今までの米にないイメージを」と勝負に出た。関西を中心に出回る約1万トンのうち、9割がこの青をメーンカラーにした米袋だという。

 近畿を中心に約150店舗を展開するスーパーの平和堂は、15年産「みずかがみ」の取扱量を前年比2倍弱の850トンに増やした。同社は「袋のデザインを見て購入した客が、冷めてもおいしい食味を評価し、繰り返し買っている」と話す。(宗和知克)

・良食味ならより高評価

 広告などに詳しい上智大学文学部の碓井広義教授(メディア論)の話

 米の販売競争が激しくなり、産地の戦略が高いレベルで横並びになっている。そこから頭一つ抜き出るために意外性を打ち出す米が出てきた。意外性は強過ぎると違和感になる。ただマイナスの印象からスタートする分、食べておいしければ、通常以上に評価は高まる。ぎりぎりの線を狙った高等戦術だ。

米ブランド化 新戦略 意外性で売り込み 強い印象狙う 

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  3. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  4. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  5. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  6. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  7. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  8. 紙ではなく金網の折り紙!? 熟練職人の遊び心によるアイデア商品

  9. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  10. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

アクセスランキングをもっと見る

page top