インドネシア・ジョコ大統領就任1年、政権のカギは経済対策 画像 インドネシア・ジョコ大統領就任1年、政権のカギは経済対策

海外進出

10月のジョコ大統領の支持率は52%に
インドネシアのジョコ大統領は20日で就任1年を迎えた。

民間の調査機関、サイフル・ムジャニ・リサーチ・アンド・コンサルティング(SMRC)が実施した世論調査によると、同大統領の支持率は就任直後は72%であったが、今月の支持率は52%にとどまった。

しかし、今年6月の時点では支持率が41%であったことから、支持率は徐々に回復の兆しを見せている。

SMRCのジャヤディ・ハナン局長は
インドネシアの人々は、就任1年のジョコ大統領に対して今後の可能性を見込んでいる。(REUTERSより)


と述べた。

早急な経済対策、煙害問題の解決が求められる
一方、民間の調査機関、インド・バロメーターによると、ジョコ大統領の支持率は半年前と比較すると11.5%下落したという。同機関は、支持率下落の要因を、食料品と燃料価格の上昇、経済成長率の鈍化とルピア安としている。

世界経済は、米国の利上げ、中国経済の減速など懸念される要因が多い。それらの要因が重なり、インドネシアでは年初から見るとルピアは下落傾向にあるほか、同国内の消費が伸び悩んでいるのが現状だ。

また、同国では経済対策に加え、森林火災による煙害問題にも悩まされている。煙害は自国内にとどまらず、近隣諸国にも影響を与えており、早急の解決に迫られている。

ジョコ大統領就任1年 今後の経済対策が支持率上昇のカギに

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  3. リンゴ、緑茶、牛肉の輸出額が過去最高に!世界的な和食ブームが背景に

    リンゴ、緑茶、牛肉の輸出額が過去最高に!世界的な和食ブームが背景に

  4. フィリピンの電動トライク事業、渦潮電気が約36億で受注

  5. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  6. 日本写真印刷、マレーシアに合弁会社を設立

  7. 「オニツカタイガー」、クアラルンプールに出店

  8. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  9. ホテルオークラ、ベトナム・ホーチミン市で2020年開業

  10. 【Sakeの海外戦略:7】ワインのインフラを通じて世界へ

アクセスランキングをもっと見る

page top