ウエスタン・デジタルのサンディスク買収がHDD市場縮小を加速!? 画像 ウエスタン・デジタルのサンディスク買収がHDD市場縮小を加速!?

インバウンド・地域活性

 米ウエスタン・デジタル(WD)が、半導体メモリー大手の米サンディスクを買収することで合意。2016年7―9月に買収が完了する見通し。半導体を使った新しい外部記憶装置「SSD」が台頭し、HDD市場が縮小していることが背景にある。WDの決断は今後、HDD関連業界の再編を促す可能性がある。

 東芝とサンディスクのNANDフラッシュメモリー合弁事業は継続される予定。一方で、サンディスク買収を契機に東芝がWDとHDD事業で協業に踏み込む可能性もある。現時点では「HDD事業は話題にも上っていない」(東芝)とするが、「東芝がパソコン向けのHDD事業から撤退する可能性は否定できない」(業界関係者)との見方もある。

 HDD業界は2010年前後に大型再編が相次いだ。富士通や日立製作所、韓国サムスン電子がHDD事業を売却。これにより、現在はシェア首位のWD・HGST連合、2位の米シーゲイト・テクノロジー、3位の東芝が市場を分けている。

 こうした中でのWDのサンディスク買収劇。HDDよりデータを高速処理できるSSDの普及拡大が背景にある。買収対象となったサンディスクは「NAND」型と呼ばれるフラッシュメモリー(記憶素子)業界3位の大手で、関連特許も多く保有する。HDDメーカーにとってSSD企業の取り込みは魅力的。WDは外部記憶装置業界で頭一つ抜け出すことになる。

 今後、WDを追うシーゲイト、東芝はどう動くのか。シーゲイトもSSD事業を持つが、テコ入れが必要。11年にはサムスンのHDDを買収した経緯がある。外部記憶装置業界に詳しいアナリストの堀内義章氏は「サムスンのSSD事業と距離を縮める可能性がある」と指摘する。

 日本にはHDD向け部品メーカーの集積がある。各社はすでに新事業に軸足を移している。日本電産の永守重信会長兼社長は22日に都内で開いた会見で「我々のビジネスに影響はない」と述べた。ただ別の部品メーカー幹部は「HDD市場縮小が早まる可能性がある」とし、再編の行方を注視している。

HDD市場縮小が早まる可能性も!?WD、サンディスク買収の余波

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  2. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  3. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  4. 「品川新駅」本格着工。日本のグローバルなゲートウエーに!

  5. 【東北の農林水産業】全てが流された魚市場。奇跡の復興

  6. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  7. 首都高速3号線/池尻~三軒茶屋間を大規模更新、地下構造物補強へ

  8. FC町田ゼルビア本拠地の野津田公園陸上競技場を大規模改良。5000席増設へ

  9. 外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

  10. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

アクセスランキングをもっと見る

page top