一般道も走る自動運転実験車……日産 画像 一般道も走る自動運転実験車……日産

IT業務効率

日産自動車は10月23日、神奈川県厚木市の同社研究開発施設で先進分野の技術説明会を開き、最新の自動運転実験車を公開した。

ナビゲーションに目的地をセットして自動走行させる。高速道路など自動車専用道路だけでなく一般道も含めたルートも走行できるとしている。近く国内や海外での公道試験を始める。

車両は電気自動車(EV)の『リーフ』をベースにした。搭載したセンサーはミリ波レーダー5個、レーザースキャナー4個、カメラ12個の構成としている。このうち、車両周囲の物体などを3次元で把握するレーザースキャナーは、大幅な小型・高性能化を実現したといい、「量産プロトタイプでこれだけの性能は世界初になると思う」(飯島徹也ADAS戦略企画・統括グループ部長)と評価している。

日産は2018年に高速道路の複数レーンでの自動運転技術、そして20年には交差点を含む一般道路での自動運転技術の導入を目指している。今回の実験車でそうした計画に向けた実証実験を行い、各システムの信頼性向上を図っていく方針だ。

日産、一般道も走る最新の自動運転実験車を公開

《池原照雄》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 日建設計とソフトバンク、次世代スマートビル開発で提携/IoTやAIを活用

    日建設計とソフトバンク、次世代スマートビル開発で提携/IoTやAIを活用

  2. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

    サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  3. ~スマート林業:5~ヒノキの間伐材で畳に付加価値をつける

    ~スマート林業:5~ヒノキの間伐材で畳に付加価値をつける

  4. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

  5. 万引き防止ゲートをRFID対応に――在庫管理にも応用可能

  6. ドローンの飛行禁止区域等がわかる地図サービス登場!

  7. 「地方の求職者」と「都会の中小企業」をウェブで結ぶ転職サービスが開始

  8. 中部整備局、ドローン使い港湾施設の被災状況調査試験実施/ひび割れ・段差を確認

  9. 東日本高速会社が外環道・田尻工事でシールド機発進、外径13m超

  10. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

アクセスランキングをもっと見る

page top