一般道も走る自動運転実験車……日産 画像 一般道も走る自動運転実験車……日産

IT業務効率

日産自動車は10月23日、神奈川県厚木市の同社研究開発施設で先進分野の技術説明会を開き、最新の自動運転実験車を公開した。

ナビゲーションに目的地をセットして自動走行させる。高速道路など自動車専用道路だけでなく一般道も含めたルートも走行できるとしている。近く国内や海外での公道試験を始める。

車両は電気自動車(EV)の『リーフ』をベースにした。搭載したセンサーはミリ波レーダー5個、レーザースキャナー4個、カメラ12個の構成としている。このうち、車両周囲の物体などを3次元で把握するレーザースキャナーは、大幅な小型・高性能化を実現したといい、「量産プロトタイプでこれだけの性能は世界初になると思う」(飯島徹也ADAS戦略企画・統括グループ部長)と評価している。

日産は2018年に高速道路の複数レーンでの自動運転技術、そして20年には交差点を含む一般道路での自動運転技術の導入を目指している。今回の実験車でそうした計画に向けた実証実験を行い、各システムの信頼性向上を図っていく方針だ。

日産、一般道も走る最新の自動運転実験車を公開

《池原照雄》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

    【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

  2. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

    サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  3. サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

    サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

  4. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  5. 行くか降りるか? カーナビタイム「高速道路降りたらルート」機能を提供開始

  6. エンジニアリングVDIによる次世代設計基盤…日産・HP・シーメンスら

  7. 接近車両を検知する自転車用後方レーダー

  8. 日産リーフの航続距離が1.3倍に? 2016年米国モデル

  9. 大林組がSCIMを初導入、パナソニックらのスマートシティー計画に

  10. ナビタイムのビジネス向けソリューション、バス事業やトラック運送向けも

アクセスランキングをもっと見る

page top