IP55準拠の防水・防塵AED……日本光電 画像 IP55準拠の防水・防塵AED……日本光電

インバウンド・地域活性

 日本光電工業(日本光電)は22日、自動体外式除細動器(AED)「AED-3100 カルジオライフ」を発売したことを発表した。

 従来モデルの基本機能はそのままに小型軽量化しており、セルフテスト機能を充実させた点を特徴としている。

 同社従来モデルのAEDと比較して体積40%、重量15%を減少した。IP55準拠の防水・防塵性能を備えており、-5度の環境でも使用を可能としている。

 セルフテスト機能も充実し、これまでの電極パッドの使用期限やバッテリ残量等に加えて、電極パッドの断線やスピーカーの状態もテスト項目に追加された。

 また、同製品ではセルフテストの結果をより見やすくするために、ステータスインジケータのサイズを30%拡大している。

 ちなみにセルフテスト機能は、AEDが自らの状態を確認して、何らかの問題があった場合はアラームで通知し、ユーザーの日常点検をサポートするというもの。「いざという時に使えない」といった事態を防ぐためにとても重要な機能だ。

 高度管理医療機器、特定保守管理医療機器という分類となる。AED本体は398,000円(税別)。オプションにはバッテリパック36,000円(税別)、使い捨てパッド9,800円(税別)。耐用期間は、約8年(同社調べ)。

防水・防塵性能を備えた新型AEDを発売……日本光電

《防犯システム取材班》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  3. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  4. 富裕層インバウンドの法則その5

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  10. 熊本地震の復興加速へ、国交省が施工確保対策を実施。歩掛かり補正、間接費割り増し

アクセスランキングをもっと見る

page top