工事の進捗を施主と写真で共有…基本無料のスマホアプリ登場 画像 工事の進捗を施主と写真で共有…基本無料のスマホアプリ登場

IT業務効率

 自分の建てている家や建物が今どういう状態なのか? その進捗を写真で工務店と施主間で共有できるアプリ「STUCCO(スタッコ)」を神奈川県のシステム開発企業・オプセスがリリースした。基本無料から利用できる。

 STUCCOは、工務店と施主の情報共有を行うスマートフォン向けアプリ。建築現場の写真を撮るだけで施主と共有され、質問やコメントを書き込むことができる。工事の工程も設定しておけるので、現在どの程度建設が進んでいて、どんな状態にあるかを施主が一目で把握できる。

 工務店側はアプリをインストール後、ユーザー名とプロジェクト名などを設定すればすぐに利用可能。施主などプロジェクトを共有したいユーザーに招待コードを送れば、アプリで情報共有できるようになる。

 アプリは無料でダウンロードでき、プロジェクトごとのメンバー2人までかつ容量100MBまでは無料で利用可能。プロジェクトを共有するメンバー数や容量を増やしたい場合は、人数や容量によって有料プランが用意されている。

 現時点での対応OSはiOSのみだが、今後Androidにも対応していく予定だという。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 中部整備局、ドローン使い港湾施設の被災状況調査試験実施/ひび割れ・段差を確認

    中部整備局、ドローン使い港湾施設の被災状況調査試験実施/ひび割れ・段差を確認

  2. サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

    サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

  3. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

    すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

  4. 熊谷組ら、不整地運搬車の自動走行技術開発/省人化で生産性向上

  5. 大林組、AI活用技術の開発体制強化/AIやIoTで生産性を向上

  6. 大林組がIoTやAI活用のビル管理システムの開発へ、ウェルネス建築の一環

  7. 大成建設がスマートコミュニティー実現へ取り組み強化

  8. 静岡県がドローンで庁舎外壁調査、期間短縮とコスト削減

  9. サービス業のIT利用最前線!6 チャットボットで現場情報を共有、効率化

  10. テラドローンとKDDI、ドローンの長距離自律飛行に成功/高速通信網と3D地図活用

アクセスランキングをもっと見る

page top