【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(下)】国の成長戦略に研究の種 画像 【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(下)】国の成長戦略に研究の種

マネジメント

 ◇他業種との協業が革新生む
 ゼネコン各社は、シールドトンネルや免震・制震など技術開発にしのぎを削る。鹿島の戸河里敏常務執行役員技術研究所長は「本質的な課題は顧客のニーズがどこにあるか。顧客にとって価値のある提案ができるよう、強い競争力を持たないといけない」と話す。
 技術開発には、受注獲得という経営に直結したニーズへの対応に加え、国の政策に沿った取り組みも求められる。省・蓄・創エネを最適に組み合わせ、建物単体で年間の1次エネルギー収支ゼロにするZEB(ゼロ・エネルギー・ビル)化技術はその一例だ。
 経済産業省は、2030年までに新築建築物の平均でZEBを実現する目標を設定。各社とも技研を中心に要素技術の検証を進めている。
 大成建設は、エネルギー消費量が大きく、制約も多い都市部のオフィスビルのZEB化がテーマ。竹中工務店は、既存建物のZEB化技術の確立を急ぐ。清水建設は、ZEBに対応する次世代外装材の開発に力を入れる。大林組は、ZEBの次の段階として、技研にエネルギーマネジメントシステムを構築。鹿島は、汎用的な技術でZEBを実現し、20年までに顧客が採用可能なコンセプトを確立する計画だ。
 材料研究も新技術の開発や現場の課題解決を支える重要な要素で、今後の課題に位置付ける社が多い。清水建設の石川裕常務執行役員技術研究所長は「コンクリートなど従来部材にも改良の余地は十分ある」と指摘する。
 独創性のある次世代素材への挑戦も欠かせない。大林組の汐川孝常務執行役員技術研究所長は、「人工知能や3Dプリンターの進化も興味深い分野だ」と期待を話す。
 政府が6月に閣議決定した「改定成長戦略2015」(日本再興戦略)。具体策として、「IoT・ビッグデータ・人工知能による産業構造・就業構造変革の検討」「二酸化炭素(CO2)排出の少ない水素社会の実現」「公共施設等運営検討の民間開放(PPP・PFIの活用拡大)」などのテーマが並ぶ。
 竹中工務店の東野雅彦技術研究所長は「政府の成長戦略を注視しながら技術開発の方向性を定める」と今後の方針を強調。「そうした需要に的確に対応していくためには、社外に新たなアイデアや技術を求める『オープン・イノベーション』が必要だ」と説く。
 大成建設の松井達彦執行役員技術センター長も「自前の技術を進化させるだけでなく、他社や大学などが持つ技術やアイデア、情報などを組み合わせ、革新的なビジネスモデルや研究成果、製品開発につなげていく」との考えを示す。
 (26日から3面で大林組、鹿島、清水建設、大成建設、竹中工務店の技術研究所のトップインタビューを掲載します)

ゼネコン大手5社技術開発の潮流・下/国の成長戦略に研究の種

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 大林組、急曲トンネル対応のベルト捻転装置開発

    大林組、急曲トンネル対応のベルト捻転装置開発

  2. 靴の上に履くJIS準拠の「安全靴」――山善『フットプロテクター』

    靴の上に履くJIS準拠の「安全靴」――山善『フットプロテクター』

  3. ジェコス社長に馬越学JFEスチール専務執行役員、6月23日就任

    ジェコス社長に馬越学JFEスチール専務執行役員、6月23日就任

  4. 運送業に若者や女性を! 人材確保に役立つ資料を全ト協が公開

  5. JR東海のリニア中央新幹線、工事発注手続きが本格化

  6. もはや後継者は身内にこだわらない!? 小規模事業者ほど不足傾向に

  7. 国交省、仙台空港運営権のコンセッション実施契約を締結

  8. IFAWPCA東京大会が開幕、750人参加し開会式

  9. 【倒産情報】シリコンウエハー加工のオプト自己破産申請へ――負債総額105億円

  10. インバウンド対策、ツールでも――中国語・韓国語にも対応の極小LED文字盤がキャンペーン

アクセスランキングをもっと見る

page top