木質耐震ブレース、竹中工務店が開発…コンクリートと同等強度 画像 木質耐震ブレース、竹中工務店が開発…コンクリートと同等強度

インバウンド・地域活性

 竹中工務店は、木質耐震ブレース「T-FoRest Light」(Tフォレストライト)を開発し、京都競馬場(京都市伏見区)のRC造スタンド施設「グランドスワン」の耐震補強工事に初採用した。集成材のブレース本体下部に取り付けたコイルばねの圧着力でRC造やSRC造の柱・梁に固定する仕組み。コンクリート・ブレースの20~25%の重量でありながら、同等の強度や見た目の美しさなども確保できる。今後、教育施設などに展開していく方針だ。
 Tフォレストライトは、建物内部に施工する耐震改修工法。低騒音・低振動で、建物を使用しながら施工できる。既存柱・梁への大掛かりな取り付け工事が不要で、200~300ミリ角の木材ブレースを2人の作業員による手作業で施工することが可能という。短工期・低コストも特徴で、改修前と同等の動線や視認性を確保できる。
 一般的な集成材の圧縮強度は1平方ミリ当たり20~30ニュートン(N)程度で、一般的なコンクリートとほぼ同等。剛性(ヤング係数)はコンクリートの約半分となるが、圧縮ブレースとして地震時に大きな耐力を発揮する。
 ブレースそのものの寿命は、通常の建築物と同等の約60年を想定。重量が軽いため、取り換えも簡単にできる。
 改修工事が行われたグランドスワンの規模はSRC・RC・S造地下1階地上6階建て延べ12万1283平方メートル。設計・施工は竹中工務店。監理はJRAファシリティーズが担当している。工期は12月10日まで。
 同社では、森林サイクル拡大に貢献する新しい木材利用の方法として、Tフォレストライトと、RC造耐震壁とほぼ同等の強度を持つ木質パネル補強工法「T-FoRest Wall」を「T-FoRestシリーズ」として、今後積極的に展開していく。

竹中工務店/木質耐震ブレースを開発・実用化/コンクリートと同等強度

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

    横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

  2. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  3. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

  6. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  7. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  8. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  9. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  10. 富裕層インバウンドの法則その4

アクセスランキングをもっと見る

page top