“新米”アイドルデビュー! 山形産米を擬人化パッケージでPR

インバウンド・地域活性

山形県産米非公認アイドル「※RiCes」。左から荘内はえぬき、羽前つや姫、宮木ひとめぼれ
  • 山形県産米非公認アイドル「※RiCes」。左から荘内はえぬき、羽前つや姫、宮木ひとめぼれ
  • 「つや姫」商品イメージ(パッケージは制作中のもの)
  • 「はえぬき」商品イメージ(パッケージは制作中のもの)
  • 「ひとめぼれ」商品イメージ(パッケージは制作中のもの)
 山形県産米をPRする二次元アイドルユニット「※RiCes(リセス)」が発表された。山形県内の企業がプロデュースし、アイドルイラストをパッケージに配した「※RiCes」ブランドの米も発売する。

 ※RiCesは山形県産米のおいしさを伝えるための新しいアピール方法を模索するなかで誕生した非公認アイドル。米の品種名にちなんだ「荘内はえぬき」「羽前つや姫」「宮木ひとめぼれ」の3人組で、それぞれのイラストが入ったブランド米が販売される。

 いわゆる萌え系イラストで差別化を図るだけではなく、販売する米も厳選。近赤外線による食味計により成分分析を行い、おいしさの評価値である「食味値」が80点以上のものだけを選んで販売する。

 販売される米はいずれも5kgのパッケージ。まじめでしっかり者の荘内はえぬきが描かれた「はえぬき」と、マイペースなお姉さんポジションの宮木ひとめぼれが描かれた「ひとめぼれ」はそれぞれ2500円。元気いっぱいの最年少リーダー・羽前つや姫が描かれた「つや姫」は3000円となっている。発売は11月12日。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  2. 中野区の新区役所庁舎基本設計、現庁舎の北西側に移転、改築

    中野区の新区役所庁舎基本設計、現庁舎の北西側に移転、改築

  3. みなとみらい21の新港地区客船ターミナル施設整備/ラグビーW杯に向けホテルも

    みなとみらい21の新港地区客船ターミナル施設整備/ラグビーW杯に向けホテルも

  4. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(2)

  5. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  6. 現役高校生が考える地域活性化ビジネス……千葉商科大「地元再発見コンテスト」が開催

  7. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  8. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  9. ~着地型観光:1~外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

  10. 最先端のテキスタイルを世界へ!小松精練が今年もパリで単独個展

アクセスランキングをもっと見る

page top