“新米”アイドルデビュー! 山形産米を擬人化パッケージでPR

インバウンド・地域活性

山形県産米非公認アイドル「※RiCes」。左から荘内はえぬき、羽前つや姫、宮木ひとめぼれ
  • 山形県産米非公認アイドル「※RiCes」。左から荘内はえぬき、羽前つや姫、宮木ひとめぼれ
  • 「つや姫」商品イメージ(パッケージは制作中のもの)
  • 「はえぬき」商品イメージ(パッケージは制作中のもの)
  • 「ひとめぼれ」商品イメージ(パッケージは制作中のもの)
 山形県産米をPRする二次元アイドルユニット「※RiCes(リセス)」が発表された。山形県内の企業がプロデュースし、アイドルイラストをパッケージに配した「※RiCes」ブランドの米も発売する。

 ※RiCesは山形県産米のおいしさを伝えるための新しいアピール方法を模索するなかで誕生した非公認アイドル。米の品種名にちなんだ「荘内はえぬき」「羽前つや姫」「宮木ひとめぼれ」の3人組で、それぞれのイラストが入ったブランド米が販売される。

 いわゆる萌え系イラストで差別化を図るだけではなく、販売する米も厳選。近赤外線による食味計により成分分析を行い、おいしさの評価値である「食味値」が80点以上のものだけを選んで販売する。

 販売される米はいずれも5kgのパッケージ。まじめでしっかり者の荘内はえぬきが描かれた「はえぬき」と、マイペースなお姉さんポジションの宮木ひとめぼれが描かれた「ひとめぼれ」はそれぞれ2500円。元気いっぱいの最年少リーダー・羽前つや姫が描かれた「つや姫」は3000円となっている。発売は11月12日。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

    【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

  2. ~劇場型で魅せる飲食店:2~製造工程の見える化&カルチャー化

    ~劇場型で魅せる飲食店:2~製造工程の見える化&カルチャー化

  3. 完全自動化レタス栽培工場、京都・けいはんな学研都市で建設開始……目標は1日3万株

    完全自動化レタス栽培工場、京都・けいはんな学研都市で建設開始……目標は1日3万株

  4. 岐阜県郡上市、内ケ谷ダムの水力発電所設置運営事業でプロポ公告

  5. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  6. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 宮古~釜石間の鉄道、震災からの復旧計画通り。三陸鉄道への移管準備も

  9. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  10. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

アクセスランキングをもっと見る

page top