“新米”アイドルデビュー! 山形産米を擬人化パッケージでPR

インバウンド・地域活性

山形県産米非公認アイドル「※RiCes」。左から荘内はえぬき、羽前つや姫、宮木ひとめぼれ
  • 山形県産米非公認アイドル「※RiCes」。左から荘内はえぬき、羽前つや姫、宮木ひとめぼれ
  • 「つや姫」商品イメージ(パッケージは制作中のもの)
  • 「はえぬき」商品イメージ(パッケージは制作中のもの)
  • 「ひとめぼれ」商品イメージ(パッケージは制作中のもの)
 山形県産米をPRする二次元アイドルユニット「※RiCes(リセス)」が発表された。山形県内の企業がプロデュースし、アイドルイラストをパッケージに配した「※RiCes」ブランドの米も発売する。

 ※RiCesは山形県産米のおいしさを伝えるための新しいアピール方法を模索するなかで誕生した非公認アイドル。米の品種名にちなんだ「荘内はえぬき」「羽前つや姫」「宮木ひとめぼれ」の3人組で、それぞれのイラストが入ったブランド米が販売される。

 いわゆる萌え系イラストで差別化を図るだけではなく、販売する米も厳選。近赤外線による食味計により成分分析を行い、おいしさの評価値である「食味値」が80点以上のものだけを選んで販売する。

 販売される米はいずれも5kgのパッケージ。まじめでしっかり者の荘内はえぬきが描かれた「はえぬき」と、マイペースなお姉さんポジションの宮木ひとめぼれが描かれた「ひとめぼれ」はそれぞれ2500円。元気いっぱいの最年少リーダー・羽前つや姫が描かれた「つや姫」は3000円となっている。発売は11月12日。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

    日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 幕張新都心若葉住宅地区の開発第2弾、1万人規模の街づくり

    幕張新都心若葉住宅地区の開発第2弾、1万人規模の街づくり

  4. 【インバウンド向けホステル浸透中!:4】プリンスホテルのおもてなしは、???が違う!

  5. ムーミンテーマパークは飯能市、総事業費150億円!

  6. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

  7. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  8. 羽田空港跡地第2ゾーン開発、計画概要を発表

  9. 大分県が県内スタートアップ企業に補助金……期間3年で200万円まで補助

  10. 国交省関東整備局など、鬼怒川堤防調査委が現地調査開始

アクセスランキングをもっと見る

page top