陶磁器生産日本一の瑞浪市周辺を巡るバスツアー、地元工場が企画 画像 陶磁器生産日本一の瑞浪市周辺を巡るバスツアー、地元工場が企画

インバウンド・地域活性

 岐阜県の瑞浪市とその周辺の焼き物関連工場10社が協同で、焼き物工場を一般開放する工場見学バスツアー「みずなみオープンファクトリー」を行う。11月5日から7日の3日間で3コースを用意する。

 ものづくりの現場である工場を観光資源として活用する動きは、東京都大田区や新潟県燕三条など各地であり、実績を残しているところも多い。瑞浪市などある岐阜県の東濃地域は陶磁器生産日本一を誇るエリア。主催となる焼き物関連工場10社に加え、瑞浪市や瑞浪商工会議所らも協力し、工場開きによってその魅力をPRしていく狙いだ。

 ツアーは朝から夕方にかけて、各日4つの焼き物関連工場を巡る内容。各工場で作り手が作業工程などを解説し、参加者には美濃焼のタンブラーがお土産として贈られる。また、地元食材を使ったランチバイキングもコース内容に含まれている。

 11月5日は焼き物工場と釉薬工場を巡るコースで、山和陶業、ユーポーセレン、マスターズクラフト、玉川釉薬の4社を訪問。6日は焼き物と絵付けの工場で、山善製陶所、セラム工芸、丸新製陶所、深山を訪ねる。7日は焼き物、タイル、粘土の工場を見学。TNコーポレーション、白山陶料、ユーポーセレン、山和陶業の4社を巡る。なお、6日は地元出身のAKB48物まねタレントも登場するという。

 参加費はランチ代込みで大人5000円、学生4000円、4歳以上小学生未満は600円、1歳以上4歳未満は300円。各回定員25名で、電話もしくはメールフォームから参加受け付けをしている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

    バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  5. ~地方発ヒット商品の裏側~町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  6. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  7. 特産品のパッケージを一新して売上アップ!デザイン力で地域を活性化した事例集発売

  8. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  9. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

  10. 徳島上勝町から、地域産業活性化の原点を考える10の教訓

アクセスランキングをもっと見る

page top