【マイナンバーソリューション解説】弥生16シリーズ

制度・ビジネスチャンス

】弥生 マーケティング本部 マーケティング部 ビジネス戦略チーム 担当マネージャー 菊池龍信氏
  • 】弥生 マーケティング本部 マーケティング部 ビジネス戦略チーム 担当マネージャー 菊池龍信氏
  • 【写真1】マイナンバー制度への対応が最新バージョンの「弥生給与16スタンダード」
  • 【写真2】マイナンバー制度への対応が可能な最新バージョンの「やよいの給与計算16」
  • 【写真3】新バージョンのソフトを起動すると、「スタートガイド」が現れる
  • 【写真4】続いて「マイナンバーナビ」が現れる。マイナンバーの取り扱いに必要な設定を3ステップで行えるので便利
  • 【写真5】「マインナンバー取り扱い担当者の設定」。ユーザー名とパスワード(文字数が8文字以上、英数字、記号の組み合わせ)を設定
  • 【写真6】「ユーザー設定画面」で設定した権限を確認できる。「マイナンバーの取り扱いをする権限」に○が入っているかどうかを確認
  • 【写真7】弥生シリーズの「あんしん保守サポート」に加入している場合は、データをクラウドに置ける「弥生ドライブ」も活用できる
 中小企業向けの業務ソフト、申告ソフト分野で売上トップを誇る「弥生シリーズ」。同パッケージのマイナンバー制度への対応を見ていこう。この10月30日に一斉に発売する最新バージョンの「弥生16シリーズ」給与製品(「弥生給与16」「やよいの給与計算16」)【写真1】【写真2】において、すでにマイナンバーへの対応が発表された。

 本パッケージでは、新たに「スタートガイド」と「マイナンバーナビ」が用意され、その中で、マイナンバーの保管から廃棄・削除の管理、システムログの記録・参照・出力、データ暗号化やアクセス権限管理などの技術的な安全管理措置に対応している。

 ここでは新機能のイメージをつかむために、マイナンバーの初動をサポートする「マイナンバーナビ」について簡単に紹介しよう。以下のようなアシスト画面が追加されている。

【1】マインナンバー取り扱い担当者の設定
【2】従業員や家族の番号登録
【3】事業者番号登録の設定作業

 では、その手順を追ってみよう。

【1】マインナンバー取り扱い担当者の設定
 新バージョンの弥生給与16を起動すると、最初に「マイナンバースタートガイド」が現れる【写真3】。ここで制度の概要を理解し、次に進んでいくと「マイナンバーナビ」という画面が出る【写真4】。ここでマイナンバーを運用する際に設定すべき必要な手順が表示される。

 まずは「マインナンバー取り扱い担当者の設定」を行う。ボタンを押すとウィザードが起動する。「法令で、なぜ取り扱い担当者を設定しなければいけないのか?」という解説がなされるので、これを読んで次に進む。ここで、マイナンバー取り扱い担当者の登録画面が現れたら、たとえば管理者などをユーザー名として入力する【写真5】。
《井上猛雄》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 【養殖モノを海外で売る!:2】キャビアの商機は東南アジアに

    【養殖モノを海外で売る!:2】キャビアの商機は東南アジアに

  2. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  3. 東京の鉄道のこれから、路面電車復活も!?

    東京の鉄道のこれから、路面電車復活も!?

  4. 建設業界、「人手不足」は根拠がない話

  5. 「一見さんお断り」、なぜ利益になる?

  6. JR東海のリニア新幹線、川崎市麻生区に都市部トンネル

  7. 羽田空港跡地開発、中小企業の拠点形成なるか?

  8. 【対談】TPPで変わる著作権、アニメや漫画の現場はどう変わる?

  9. 下請法の運用強化、親事業者に「現金支払い」要請

  10. 成田空港会社がC滑走路新設、B滑走路延伸計画

アクセスランキングをもっと見る

page top