24時間無料で対応…東京都が宿泊施設向けに通訳コールセンター 画像 24時間無料で対応…東京都が宿泊施設向けに通訳コールセンター

インバウンド・地域活性

 東京都が外国人観光客への対応として、宿泊施設向けに多言語コールセンターを開設する。11月24日から2016年3月31日まで設置され、24時間通訳サービスを無料で行う。

 多言語コールセンターでは外国人観光客が宿泊施設を利用する際、コミュニケーションがうまく取れないときなどに、電話口で通訳を行ってくれる。対応言語は英語、中国語、韓国語の3か国語。

 東京都内の宿泊施設であれば無料で利用できる。事前申し込み制で、募集数は650施設。一次募集は11月5日までとなっており、その後11月9日から11月15日まで二次募集を実施する。650施設を超えた場合は抽選となる。

 24時間の多言語コールセンターは、今年7月に滋賀県が県内全域に対象を拡充して提供するなど、自治体による展開の前例がある。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

  3. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

    バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  4. 仙台駅前/さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  5. スラムを住みたい街に変えた復興術-ジョンソンタウン編-

  6. ~地方発ヒット商品の裏側~町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  7. JR東日本「品川開発プロジェクト」で国際交流拠点を創出

  8. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  9. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  10. 【地方発ヒット商品の裏側】精密機器メーカーが国内唯一の「ハンドベル」を作るようになった理由――群馬県・アプリ

アクセスランキングをもっと見る

page top