24時間無料で対応…東京都が宿泊施設向けに通訳コールセンター 画像 24時間無料で対応…東京都が宿泊施設向けに通訳コールセンター

インバウンド・地域活性

 東京都が外国人観光客への対応として、宿泊施設向けに多言語コールセンターを開設する。11月24日から2016年3月31日まで設置され、24時間通訳サービスを無料で行う。

 多言語コールセンターでは外国人観光客が宿泊施設を利用する際、コミュニケーションがうまく取れないときなどに、電話口で通訳を行ってくれる。対応言語は英語、中国語、韓国語の3か国語。

 東京都内の宿泊施設であれば無料で利用できる。事前申し込み制で、募集数は650施設。一次募集は11月5日までとなっており、その後11月9日から11月15日まで二次募集を実施する。650施設を超えた場合は抽選となる。

 24時間の多言語コールセンターは、今年7月に滋賀県が県内全域に対象を拡充して提供するなど、自治体による展開の前例がある。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  2. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

    11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  6. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  7. JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

  8. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  9. 首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

  10. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

アクセスランキングをもっと見る

page top