病気の兆し、ロボットがお知らせ…神奈川県と慶大が実証実験 画像 病気の兆し、ロボットがお知らせ…神奈川県と慶大が実証実験

IT業務効率

 日常生活の中でセンサーが病気の兆しを把握し、ロボットがお知らせします―。神奈川県と慶応義塾大学は20日、生体データを自動的に収集できる仕組みを備えた住居型の実験施設を公開した。関係者を同施設に宿泊させる実証実験を11月に始め、データの蓄積や活用の方法を模索する。

 睡眠時の心拍や寝返りを記録するベッドや、排便時に出るガスから健康状態を把握するトイレなどを設置。屋内の生活で無理なく生体データを蓄積することを目指す。宿泊者はコミュニケーションロボット「パルロ」との対話を通じてそれらのデータを把握し、自身の健康状態を知ることもできる。

 神奈川県は病気になる手前の状態の未病という概念を普及させ、ヘルスケア関連産業の拡大を図っている。今回はこの一環で住居型実験施設を持つ慶大へ研究協力を求めた。

病気の兆し、ロボがお知らせします!神奈川県と慶大が実証実験

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

    2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

  2. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  3. ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

    ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

  4. 【ICTが変える高齢化社会:1】広がる医療・介護の市場

  5. 「大量積載化」「自律化」進む、ドローンの産業活用最前線!

  6. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  7. ~ITで強い商店街を作る:4~地域カードで商店街の垣根を越える

  8. ドローンの次は小型無人航空機(UAV)! 速く、長く飛行

  9. 【特集・スマート決済】他社連携でさらに広がる「Airレジ」

  10. サービス業のIT利用最前線!4 利用者、事業者ともにハッピーな予約台帳

アクセスランキングをもっと見る

page top