病気の兆し、ロボットがお知らせ…神奈川県と慶大が実証実験 画像 病気の兆し、ロボットがお知らせ…神奈川県と慶大が実証実験

IT業務効率

 日常生活の中でセンサーが病気の兆しを把握し、ロボットがお知らせします―。神奈川県と慶応義塾大学は20日、生体データを自動的に収集できる仕組みを備えた住居型の実験施設を公開した。関係者を同施設に宿泊させる実証実験を11月に始め、データの蓄積や活用の方法を模索する。

 睡眠時の心拍や寝返りを記録するベッドや、排便時に出るガスから健康状態を把握するトイレなどを設置。屋内の生活で無理なく生体データを蓄積することを目指す。宿泊者はコミュニケーションロボット「パルロ」との対話を通じてそれらのデータを把握し、自身の健康状態を知ることもできる。

 神奈川県は病気になる手前の状態の未病という概念を普及させ、ヘルスケア関連産業の拡大を図っている。今回はこの一環で住居型実験施設を持つ慶大へ研究協力を求めた。

病気の兆し、ロボがお知らせします!神奈川県と慶大が実証実験

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  2. 【ポストものづくり時代:1】伝統工芸を現在とシンクロさせる

    【ポストものづくり時代:1】伝統工芸を現在とシンクロさせる

  3. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  4. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  5. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  6. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  7. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

  8. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  9. 最新の低騒音型ボーリングマシン、人員削減も

  10. サービス大賞の受賞病院に学ぶ「地域で企業が生き残る秘訣」

アクセスランキングをもっと見る

page top