本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活! 画像 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

インバウンド・地域活性

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2015年10月23日付

●TPP門戸開放へルール(読売・1面)

●ルノー日産に議決権検討 仏政府の影響力、抑制狙う(読売 ・8面)

●温暖化対策動き出す経済界、脱炭素成長と革新の波、日産自動車・カルロスゴーン社長(読売・11面)

●東京モーターショー クルマ未来創る、車で生活豊かに発信、池史彦・自工会会長(読売・16面)

●ベア要求「2%を基準」決定、春闘連合、幅持たせる(朝日・3面)

● 不正の代償、フォルクスワーゲン、VW社内目標必達の重圧(朝日・6面)

●タカタリコール米が迅速化検討、エアバッグ問題(朝日・6面)

●レクサスSUV全面改良、初のターボ車追加(毎日・7面)

●中国の新工場見送り、ホンダ、景気減速受け(毎日・7面)

●VW、別のエンジンも調査、排ガス不正、対象車拡大の恐れ(産経・10面)

●「レクサス」でも燃料電池、トヨタ、20年メド販売へ(日経・1面)

● VW不正「影響ない」ダイムラー、懸念払拭躍起、ディーゼル車(日経・7面)

● タイヤ各社、東南アジアで将来へ布石、天然ゴム調達競う(日経・11面)

●新幹線車両に1000億円、JR東海、最新型に(日経・13面)

●ロータリーエンジン「復活」東京モーターショー、マツダが出展(日経・13面)

●「プリウス」が非常電源に、トヨタ、宮城の工業団地で公開(日経・14面)


ひとくちコメント

2年に1度の東京モーターショーが10月28日から始まるが、開幕1週間前を控えてメディアも参加企業がアピールする今回の出展内容を取り上げるケースが増えてきた。

きょうの読売は、東京モーターショーの概要を全面で紹介した「特別版」を掲載しているが、読者の関心は、出展企業が事前に公表せずにプレスデーのプレスブリーフィングでサプライズ発表する目玉のコンセプトカーに注目が集まる。

そんな中、マツダが「ロータリーエンジン(RE)を搭載したスポーツ車のコンセプトモデルを出展する」と、きょうの日経が報じている。

ロータリーエンジンはほぼ半世紀前に、マツダが世界で初めて量産に成功したが、走行性能には優れているものの、燃費の悪さなどから販売が低迷して2012年に生産を終了していた。日経によると「市場への再投入は未定で、モーターショーの反響も参考にして判断する」としている。

景気の低迷やクルマ離れから国内の新車販売が苦戦するなかで、今回の東京モーターショーは、消費者の購買意欲を刺激できるかどうかも問われている。

マツダのほか、トヨタ自動車や日産自動車などもブレスデーでコンセプトカーのサプライズ披露も予定しているとみられており、クルマへの関心を呼び戻せるかどうかの正念場でもある。

【新聞ウォッチ】マツダ、ロータリーエンジン“復活”…東京モーターショーでアピールへ

《福田俊之》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  2. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

    11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  3. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

    羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  4. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  7. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  8. 叡山電鉄、2018年春に観光用の「楕円電車」導入へ

  9. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  10. 官民連携で「国際クルーズ」拠点を整備、選ばれた6つの港とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top