京都市、外国人観光客対策で市バスに指さし会話ボード配備 画像 京都市、外国人観光客対策で市バスに指さし会話ボード配備

インバウンド・地域活性

 京都市交通局が市バス全車両と地下鉄主要3駅に向けて、外国人観光客とのコミュニケーションツールを導入する。市バスには指さし会話ボードが、地下鉄3駅には翻訳機能付きタブレットが、それぞれ11月17日から配備される予定だ。

 市バスに配備される指さし会話ボードはA4サイズ、8ページの中とじ冊子。日本語のほか、英語、中国語、ハングルの4か国語で、「主要観光地等の行き先」「運賃の支払い方法」「忘れ物の問合せ先」について指さしで会話できる内容となっている。

 京都駅、四条駅、烏丸御池駅の地下鉄3駅に配備される翻訳機能付きタブレットは、40か国語対応の自動翻訳アプリ、歩くまち京都アプリ、地図アプリを搭載。アプリを使って外国人観光客に案内を行う。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  3. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  6. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  7. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  8. 【地方発ヒット商品の裏側】町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  9. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  10. 尼崎市・園田西武庫線御園工区、建設に本格着手。交通円滑化へ

アクセスランキングをもっと見る

page top