【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

インバウンド・地域活性

土方邦裕社長
  • 土方邦裕社長
  • バーミキュラ
  • 鍋底にはリブ加工が施されている
  • バーミキュラで無水調理したカレー
  • ホーロー工程_うわ薬吹き付けのようす
  • 加工工程_バリ取りのようす
  • 鋳造工程_注湯のようす
  • 愛知ドビー外観
 女性を中心に人気を集めている鋳物ホーロー鍋。鉄と炭素の合金である鋳物に、ガラス質のエナメル(ホーロー)をコーティングした鍋で、保温性や耐久性が高いのが特徴だ。中心価格は2万円台と高価ながら、煮込み料理がおいしくでき、またカラーバリエーションが豊富とあって、愛用者が増えている。そんな鋳物ホーロー鍋市場は5年前まで『ル・クルーゼ』『ストウブ』『シャスール』のフランス製が大半を占めていた。ところが2010年に発売された日本製『バーミキュラ』によって、勢力図が変わった。

■従業員の士気向上と独自ブランドの確立
 バーミキュラが画期的だった点は、フタと本体の密閉性にある。その精度は0.01mm以下。水をほとんど使わず、食材が含む水分だけで無水調理ができる。発売からほどなくして「誰でも簡単に素材本来の味を引き出した料理ができる」と評判になり、一時は入荷まで最長15カ月待ちとなった。そんなヒット商品を生み出したのは、愛知県名古屋市にある愛知ドビー株式会社。1936年創業の老舗鋳造メーカーで、社名が示すように、ドビーという織機を製造していた。1970年代以降、国内の繊維産業の衰退によって、ドビー織機製造から撤退。工業メーカーの下請けへと転身を図り、油圧部品や真空ポンプ部品を手がけるようになった。

 調理器具にはおよそ縁のない町工場が、鋳物ホーロー鍋を手がけるきっかけとなったのは、経営の先行き不安からだったという。大手商社で為替ディーラーをしていた土方邦裕氏が愛知ドビーの社長になったのは2006年。「当時、景気は悪くなかったが、先のことを考えると、下請けだけでやっていくのは難しいと思いました。従業員の士気を高めるためにも、大きな挑戦が必要でした」(土方社長)。その挑戦とは、もう一度メーカーになることだったという。

 危機感が募る矢先に、たまたま土方社長の目にとまったのが当時話題になっていた鋳物ホーロー鍋。鋳物に含まれる炭素は、遠赤外線効果を生み出し、食材の組織を壊すことなく芯から温めることができる。そのため煮込み料理に向いている。ただ、『フィスラー』をはじめ無水調理ができるステンレス製の多層構造鍋を支持する声も多い。密閉性という点では鋳物ホーローよりステンレスの方が有利だからだ。「ならばステンレス製並みに精巧な鋳物ホーロー鍋をつくって無水調理ができるようにすれば、世界最高の鍋として売れるのではないか。鋳物であれば、愛知ドビーの設備や技術をいかすことができる。差別化を図ればメーカーとしてやっていける」と土方社長は確信した。
《DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  5. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  6. 富裕層インバウンドの法則その1

  7. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  8. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  9. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  10. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

アクセスランキングをもっと見る

page top