富山県が企業の県内移転で減税、20年までに新雇用500人を目指す 画像 富山県が企業の県内移転で減税、20年までに新雇用500人を目指す

インバウンド・地域活性

 富山県が「『とやま未来創生』企業の地方移転・拠点強化促進計画」を実施。2019年度末までに500人の雇用を創出し、27企業の移転・拠点強化認定を行うことを目標とする。

 同計画は地域再生法に基づいて作成された「地域再生計画」。10月2日に内閣総理大臣に認可され、計画がスタートした。

 具体的な移転・拠点強化の支援として、富山県内に本社機能や研究拠点などを整備する際、工事前に提出した施設整備計画が認可された企業に対し、減税などの措置がとられる。移転型の場合は「建物等の取得価格に対し特別償却25%、または税額控除7%」、拡充型の場合は建物等の取得価格に対し特別償却15%、または税額控除4%」の減税が受けられる。

 さらに、雇用促進として地方拠点の増加雇用者1人につき50万円税額控除される(ただし、法人全体の雇用者増加率が10%未満の場合は20万円)。移転型の場合にはこれに加えて、最大3年間、ひとりあたり30万円の税額控除が行われる。このほか、地方税に関しても不均一課税による軽減措置を行う計画だ。

 計画期間は2020年3月31日まで。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 取手駅西口A街区再開発、「ウェルネス・タウン取手」創造へ

    取手駅西口A街区再開発、「ウェルネス・タウン取手」創造へ

  2. 相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

    相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  5. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  6. 愛知県豊川市、2工場撤退跡地活用で説明会開く/イオンモール進出、市は文化会館整備

  7. 北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

  8. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  9. 白金高輪駅近くで、新たな再開発計画、街づくりに向けた動き活発化

  10. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

アクセスランキングをもっと見る

page top