設備投資900億円へ増額、売上高2兆円へ攻める日本電産 画像 設備投資900億円へ増額、売上高2兆円へ攻める日本電産

マネジメント

 日本電産は2016年3月期の設備投資額を期初計画の720億円から900億円へ増額した。急速に販売が拡大しているハプティック(触覚)機器向け小型振動モーターと、先進運転支援システム(ADAS)関連部品の増産に振り向ける。永守重信会長兼社長は「当社は永続的な成長を遂げていこうという経営スタイル。新しい分野に投資していく」と、20年度の売上高2兆円の目標に向け、攻めの姿勢を示した。

 増額分の180億円のうち120億円はハプティック機器のモーター向け。米アップル「iPhone」の最新機種に採用されるなど販売が拡大。そのため生産余力がなく、「来年度も200億円から300億円は投資する」(永守会長)。車載やゲーム機など向けにも需要が拡大し、「2年後には5000億-6000億円の市場になる。その半分はとりたい」と期待する。

 車載事業ではADAS関連で電動ブレーキ向けの受注が想定より拡大。「投資計画を前倒し」して対応する。どちらも海外工場の増強が中心となる。

 「(両分野とも)最低でも向こう10年間は市場が拡大する。だから100億円単位の投資ができる。ニッチな分野や、単なるブームには近づかない」と永守会長は強調する。

売上高2兆円へ攻める日本電産

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 不動産協会、新専務理事に内田要氏就任

    不動産協会、新専務理事に内田要氏就任

  2. パートタイムの平均時給、製造業、飲食などが前年同月比で連続上昇

    パートタイムの平均時給、製造業、飲食などが前年同月比で連続上昇

  3. 清水建設、連結子会社の橋梁・鉄骨事業を統合

    清水建設、連結子会社の橋梁・鉄骨事業を統合

  4. 農家所得増大に期待、JAグループ経済界と対話、首相「作業効率化後押し」

  5. わずか15分の健康診断、従業員の検診率と満足度を同時に満たす「ケアプロ」とは?

  6. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  7. ASEAN市場の拡大見据え、現地で自動車部品流通の仕組み構築へ

  8. おもてなしを世界に発信するプロジェクト、今年の受賞90対象が決定

  9. 相模原市、「麻溝台・新磯野」土地区画整理事業で清水建設と近く仮契約

  10. 1月のチャイナリスク関連倒産、小惑星探査機「はやぶさ2」関連企業も

アクセスランキングをもっと見る

page top