設備投資900億円へ増額、売上高2兆円へ攻める日本電産 画像 設備投資900億円へ増額、売上高2兆円へ攻める日本電産

マネジメント

 日本電産は2016年3月期の設備投資額を期初計画の720億円から900億円へ増額した。急速に販売が拡大しているハプティック(触覚)機器向け小型振動モーターと、先進運転支援システム(ADAS)関連部品の増産に振り向ける。永守重信会長兼社長は「当社は永続的な成長を遂げていこうという経営スタイル。新しい分野に投資していく」と、20年度の売上高2兆円の目標に向け、攻めの姿勢を示した。

 増額分の180億円のうち120億円はハプティック機器のモーター向け。米アップル「iPhone」の最新機種に採用されるなど販売が拡大。そのため生産余力がなく、「来年度も200億円から300億円は投資する」(永守会長)。車載やゲーム機など向けにも需要が拡大し、「2年後には5000億-6000億円の市場になる。その半分はとりたい」と期待する。

 車載事業ではADAS関連で電動ブレーキ向けの受注が想定より拡大。「投資計画を前倒し」して対応する。どちらも海外工場の増強が中心となる。

 「(両分野とも)最低でも向こう10年間は市場が拡大する。だから100億円単位の投資ができる。ニッチな分野や、単なるブームには近づかない」と永守会長は強調する。

売上高2兆円へ攻める日本電産

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. リストラなし、離職率ゼロなど評価…「日本で一番大切にしたい会社」発表

    リストラなし、離職率ゼロなど評価…「日本で一番大切にしたい会社」発表

  2. ママの仕事探し、「週2日」などに加えて○○の存在も人気

    ママの仕事探し、「週2日」などに加えて○○の存在も人気

  3. 水稲コスト低減に向け、農相が生産資材・流通コスト引き下げ要請

    水稲コスト低減に向け、農相が生産資材・流通コスト引き下げ要請

  4. JR東海のリニア中央新幹線、工事発注手続きが本格化

  5. 大林組、急曲トンネル対応のベルト捻転装置開発

  6. 設備工事上場大手10社、15年4~9月期決算出揃う

  7. 【回転窓】不思議な二つの銘板

  8. 東燃ゼネラル石油が静岡市・清水石槽所にLNG発電所、18年4月着工計画

  9. カラオケボックスを貸し会議室に! 伊藤忠が空き部屋レンタル事業

アクセスランキングをもっと見る

page top