設備投資900億円へ増額、売上高2兆円へ攻める日本電産 画像 設備投資900億円へ増額、売上高2兆円へ攻める日本電産

マネジメント

 日本電産は2016年3月期の設備投資額を期初計画の720億円から900億円へ増額した。急速に販売が拡大しているハプティック(触覚)機器向け小型振動モーターと、先進運転支援システム(ADAS)関連部品の増産に振り向ける。永守重信会長兼社長は「当社は永続的な成長を遂げていこうという経営スタイル。新しい分野に投資していく」と、20年度の売上高2兆円の目標に向け、攻めの姿勢を示した。

 増額分の180億円のうち120億円はハプティック機器のモーター向け。米アップル「iPhone」の最新機種に採用されるなど販売が拡大。そのため生産余力がなく、「来年度も200億円から300億円は投資する」(永守会長)。車載やゲーム機など向けにも需要が拡大し、「2年後には5000億-6000億円の市場になる。その半分はとりたい」と期待する。

 車載事業ではADAS関連で電動ブレーキ向けの受注が想定より拡大。「投資計画を前倒し」して対応する。どちらも海外工場の増強が中心となる。

 「(両分野とも)最低でも向こう10年間は市場が拡大する。だから100億円単位の投資ができる。ニッチな分野や、単なるブームには近づかない」と永守会長は強調する。

売上高2兆円へ攻める日本電産

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

    【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

  2. 国交省、CLT建築の設計技術基準を4月に新設

    国交省、CLT建築の設計技術基準を4月に新設

  3. 「ウチ、団体いけます!」――旅行代理店向けの“飲食店立候補型”団体食事予約サービス

    「ウチ、団体いけます!」――旅行代理店向けの“飲食店立候補型”団体食事予約サービス

  4. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

  5. 愛媛県がUIJターン支援、県外からの人材雇用に最長3か月間給料など助成

  6. 二輪車国内生産は2年ぶりのマイナス――前年度比1.2%減57.6万台

  7. 登録基幹技能者の処遇改善に助成…賃金引き上げ後押し

  8. 【倒産情報】野菜を工場栽培するベンチャーのみらいが民事再生法申請、譲渡により事業再建を目指す

  9. 職場を盛り上げる取り組みが集結…「第2回 グッド・アクション」表彰式

  10. ママの仕事探し、「週2日」などに加えて○○の存在も人気

アクセスランキングをもっと見る

page top