設備投資900億円へ増額、売上高2兆円へ攻める日本電産 画像 設備投資900億円へ増額、売上高2兆円へ攻める日本電産

マネジメント

 日本電産は2016年3月期の設備投資額を期初計画の720億円から900億円へ増額した。急速に販売が拡大しているハプティック(触覚)機器向け小型振動モーターと、先進運転支援システム(ADAS)関連部品の増産に振り向ける。永守重信会長兼社長は「当社は永続的な成長を遂げていこうという経営スタイル。新しい分野に投資していく」と、20年度の売上高2兆円の目標に向け、攻めの姿勢を示した。

 増額分の180億円のうち120億円はハプティック機器のモーター向け。米アップル「iPhone」の最新機種に採用されるなど販売が拡大。そのため生産余力がなく、「来年度も200億円から300億円は投資する」(永守会長)。車載やゲーム機など向けにも需要が拡大し、「2年後には5000億-6000億円の市場になる。その半分はとりたい」と期待する。

 車載事業ではADAS関連で電動ブレーキ向けの受注が想定より拡大。「投資計画を前倒し」して対応する。どちらも海外工場の増強が中心となる。

 「(両分野とも)最低でも向こう10年間は市場が拡大する。だから100億円単位の投資ができる。ニッチな分野や、単なるブームには近づかない」と永守会長は強調する。

売上高2兆円へ攻める日本電産

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 農家所得増大に期待、JAグループ経済界と対話、首相「作業効率化後押し」

    農家所得増大に期待、JAグループ経済界と対話、首相「作業効率化後押し」

  2. CHO構想の実証事業がスタート、神奈川県で10月1日より

    CHO構想の実証事業がスタート、神奈川県で10月1日より

  3. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

    国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  4. 曙ブレーキ、生産設備の減損処理などで60億円の赤字

  5. 宮城建協「建設女性の会」が発足、職場環境改善や戦略的広報展開

  6. 香川県高松市、仏生山町の新病院施設計画を見直し

  7. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  8. TPP協定は日本に必要ですか? 帝国データバンクが企業調査

  9. 国産素材マーク統一、全PBを3年かけ刷新! 日本生協連

アクセスランキングをもっと見る

page top