【レジャー&サービス産業展】銭湯のアイドル・OFR48やサウナ皇帝が温浴施設活性化をPR 画像 【レジャー&サービス産業展】銭湯のアイドル・OFR48やサウナ皇帝が温浴施設活性化をPR

インバウンド・地域活性

 チェック柄のスカートをはき、「IDOL」や「48」の文字が入ったTシャツを着た女の子――これは東京・秋葉原を拠点に活動する“あの国民的人気アイドルグループ”かと思いきや、「OFR48(オー・エフ・アール・フォーティーエイト)です!」と挨拶の声。

 「OFR48」は「お風呂屋さんで働くアイドル」をうたい、温泉、サウナ、スーパー銭湯、健康ランドなどの温浴施設で働く女性スタッフや、関連業界に携わる女性が集まったアイドルグループ。さまざまな温浴施設でライブを行なうことで注目を集め、集客に結びつけ、業界全体を盛り上げようと活動している。

 「OFR48」をプロデュースしているのはニッポンおふろ元気プロジェクト。同プロジェクトは、「ニッポンをおふろから元気に!」を合言葉に、業界の有志が集結し、温浴業界を盛り上げるためにほかにも多彩な活動を行なっている。例えば、「日本ロウリュ熱波ワーク」は、熱した石にかけたアロマ液の蒸発と熱気を楽しむロウリュサウナでパフォーマンスを行なうもの。そのパフォーマンスを競う「熱波甲子園」を年に一度開催するなど、活動は徐々に浸透しつつある。

 また、温浴施設の経営に役立つ「おふろ経営セミナー」を2016年1月から順次、全国各地で開催。同4月からは1年間の育成プログラム「支配人育成塾」を開講する予定だ。同プロジェクトの理事で「OFR48」の総合プロデューサーも務める林和俊氏は、「このプロジェクトを通じて少しでも業界全体を元気していきたいと考えています。『OFR48』は、ライブを開催した温浴施設から集客が上がったと喜ばれ、その口コミで多くの温浴施設からお呼びの声がかかっています」と語る。

 最近は、訪日外国人観光客から日本を象徴する文化の1つとして銭湯が注目されているだけに、2020年に開催予定の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、インバウンドビジネスの面からも温浴施設業界には将来性が広がる。同プロジェクトの活動に対する期待はますます大きくなりそうだ。

 なお、「レジャー&サービス産業展2015」の2日目となる23日には、14時~と16時の2回、ブースにて「温泉サウナ銭湯 ここだけの話トークショー」を開催する予定だ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 熊本駅ビル開発、多世代が利用できる商業施設へ/ファッション、映画、飲食

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

  7. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  8. 海外需要を捉えて成功した日本の伝統工芸…岩鋳の南部鉄器

  9. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  10. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

アクセスランキングをもっと見る

page top