ノイズ環境下でも高精度で人体や物体を検知……日本TIのセンシングソリューション 画像 ノイズ環境下でも高精度で人体や物体を検知……日本TIのセンシングソリューション

IT業務効率

 日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は21日、環境ノイズへの高い耐性を備えた、静電容量式センシングICファミリ製品を発表した。

 静電容量をベースとして人体や物体の検出を高精度で可能とする「FDC2214シリーズ」は、家電製品や車載用などで使用され、自動ドアやゲートなどで近接した物体を検知したり、手の動きで機器の操作を行ったりと、さまざまな用途での利用が可能となっている。

 36dBのノイズ耐性を備えていながら低コストという特徴を持つ。既存の静電容量式センシングソリューションとの比較では、ノイズ存在下で60倍の性能を実現している。

 センサーの各デバイスは 4mm×4mmの小型パッケージで構成されており、1,000個受注時の参考単価は4.75ドル(FDC2214の場合)。評価モジュールは29ドルで提供される。
《防犯システム取材班》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

    【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

  2. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  3. 2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

    2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

  4. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  5. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  6. サービス業のIT利用最前線!3 手元のスマホを“高機能・多言語メニュー”に

  7. 【ICTが変える高齢化社会:6】介護になぜICTが好まれるのか?

  8. ~ITで強い商店街を作る:4~地域カードで商店街の垣根を越える

  9. 国交省、i-Con推進へロゴマーク作成/変わる現場の魅力発信

  10. 群馬県沼田市でICT土工研修スタート/建協主体では全国初

アクセスランキングをもっと見る

page top