ノイズ環境下でも高精度で人体や物体を検知……日本TIのセンシングソリューション 画像 ノイズ環境下でも高精度で人体や物体を検知……日本TIのセンシングソリューション

IT業務効率

 日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)は21日、環境ノイズへの高い耐性を備えた、静電容量式センシングICファミリ製品を発表した。

 静電容量をベースとして人体や物体の検出を高精度で可能とする「FDC2214シリーズ」は、家電製品や車載用などで使用され、自動ドアやゲートなどで近接した物体を検知したり、手の動きで機器の操作を行ったりと、さまざまな用途での利用が可能となっている。

 36dBのノイズ耐性を備えていながら低コストという特徴を持つ。既存の静電容量式センシングソリューションとの比較では、ノイズ存在下で60倍の性能を実現している。

 センサーの各デバイスは 4mm×4mmの小型パッケージで構成されており、1,000個受注時の参考単価は4.75ドル(FDC2214の場合)。評価モジュールは29ドルで提供される。
《防犯システム取材班》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~ITで攻めの農業:2~年間売上100万円超、農家の太陽光発電

    ~ITで攻めの農業:2~年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  2. ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

    ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

  3. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  4. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  5. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  6. 【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール

  7. 沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

  8. 「Maisart~コンパクトなAI技術を推進」三菱電機 柵山社長

  9. ~自社システムを外販する:2~ 開発費を2年で回収、その戦略は?

  10. 渋谷区、タブレット導入実証成果を紹介/ドコモ教育ICTフォーラム

アクセスランキングをもっと見る

page top