【ひろしまIT総合展】ドローンによる故障感知からIoTまで 画像 【ひろしまIT総合展】ドローンによる故障感知からIoTまで

IT業務効率

 エネルギア・コミュニケーションズが「ひろしまIT総合展」で展示していたのは、同社が代理販売を行っっているというドローンだ。展示されていたのは量産型のミニサーベイヤーだったが、ディスプレイではインフラ点検機として太陽光発電のソーラーパネルの上を飛び回るドローンの様子が映し出されていた。

 現在同社の情報システム本部開発センターが実証をすすめているのは、すでに原発などで導入されているインフラ点検機としてのドローン利用と、そのビッグデーターの解析だという。ドローンはソーラーパネルの上空を飛びサーモカメラでデーターを収集、異常個所が熱くなるソーラーパネルの特性を利用して、故障箇所を検知する。

 今年の初めから始まったこのプロジェクトは現在は実証実験の段階だが、将来的には「撮影されたデーターを利用して正確に故障箇所を指摘するソリューションの方面での展開をすすめていきたい」と担当者。太陽光発電に関わらず、人が行けない場所などでの故障・修理の一策として進めていくつもりだという。

 また、同社が以前から取り組んでいたクラウドサーバーからGISサービスを配信する、IoTの展示も行われていた。ディスプレイには地図に紐付けされたリアルタイムの天候や温度など詳しい気象状況が映し出されていたが、今後はどの分野でこのシステムを提案していくかが課題だという。

 「ひろしまIT総合展」では、地元ということもあり、そのほか同グループの中電工なども大きなブースで展示が行われていた。

【ひろしまIT総合展】ドローンによる故障感知からIoTまで……エネルギア・コミュニケーションズ

《築島 渉》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

    ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

  2. 外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

    外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

  3. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  4. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  5. 国産OSの灯は消えない――TOPPERSプロジェクト

  6. 【HJ HJ EYE:6】中小企業のメッカ、ここにあり。

  7. ロボスーツと疲労軽減ウエアを併用、重作業の負担軽減 竹中工務

  8. 新幹線車両検査にタブレット導入、「ヨシ!」と声に出すと検査内容が自動入力!

  9. 日本郵便、470自治体と協定。非常時に被災者情報

  10. おっちゃんEVの町工場、夢語る場作りへ!

アクセスランキングをもっと見る

page top