ホンダ・マレーシア、年明けから一部モデル値上げ…通貨下落影響 画像 ホンダ・マレーシア、年明けから一部モデル値上げ…通貨下落影響

海外進出

リンギット価値下落!為替レートを見極めて最大で3%の値上げを発表!
日本の大手自動車メーカーのホンダがマレーシアで展開するホンダ・マレーシアが、マレーシア・リンギットの価値が下落している影響で、2016年1月より同社の一部自動車モデルの値上げを発表した。

ホンダ・マレーシアは、一部の自動車モデルが対象で、為替レートを分析及び注視して2015年12月までには、値上げ幅を決める予定としており、最大で2~3%の値上げに踏み切るとみられる。値上げや、価格調整については、後日改めて詳細を発表するとしている。

通貨価値下落でパーツ輸入などに打撃!自動車値上げは苦肉の策!
これらの事態を受けてホンダ・マレーシア最高経営責任者の上野洋一郎氏は、「今までホンダ・マレーシアは、徹底した事業効率化などにより、顧客の皆様へ価格をできる限り抑え提供してきた。しかしながら、リンギット価値の大きな下落により、パーツ及びコンポーネント輸入に関連するコストの面に大きな打撃が生じている。」(Honda Malaysia プレスリリースより)
と話した。

また、「運営コスト削減などに注力してきたが、問題解決には及ばず、最終手段、苦肉の策として、価格値上げに踏み切ることになってしまった。」(Honda Malaysia プレスリリースより)
と続けている。

ホンダ・マレーシア、通貨価値下落を受けて2016年より値上げを発表!

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

    NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  2. ミャンマーでもLINEが使える――政府郵電公社と提携、サービス開始

    ミャンマーでもLINEが使える――政府郵電公社と提携、サービス開始

  3. 日本工営がシンガポールで水力発電事業

    日本工営がシンガポールで水力発電事業

  4. 大和ハウスと大成建設、ベトナムで総事業費約100億円の初弾!

  5. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  6. 三菱地所がジャカルタのオフィスビル開発に参画、同国への初進出

  7. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  8. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  9. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  10. 世界に向けた和食や鮨の認定制度、食のアイデンティティーは守られるのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top