群馬県建設業協会、ゆるキャラ「ぐんケンくん」のぬいぐるみを発売 画像 群馬県建設業協会、ゆるキャラ「ぐんケンくん」のぬいぐるみを発売

インバウンド・地域活性

 群馬県建設業協会(青柳剛会長)は、協会のマスコットキャラクター「ぐんケンくん」のぬいぐるみ=写真=を製作し、販売を開始した。高さ約30センチで表面はボア素材。たすきは着脱可能。価格は3500円(税込み)。販売窓口は群馬建協(電話027・252・1666、担当・横山氏)。
 約500体を作り、会員企業(274社)や県内発注機関に配布した。残り約150体を販売する。会員企業には各1体配布。会社の受付カウンターなどに置いてもらう。売れ行きが良ければ追加の製作・販売も検討しているという。
 ぐんケンくんは、建設業の担い手確保・育成の促進を目的に、昨年5月に群馬建協のマスコットキャラクターとして誕生。協会主催の各種イベントや、地域のお祭りなどに積極的に出向き、建設業のPRと地域との交流促進に一役買っている。
 ぐんケンくんは、昨年の「ゆるキャラグランプリ」にエントリーし、決戦投票で6万1547点を獲得して「企業・その他ゆるキャラ」部門で17位となった。今年も同グランプリにエントリーしている。投票期間は11月16日まで。

群馬建協/「ぐんケンくん」ぬいぐるみを発売/建設業PR、地域との交流促進

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  2. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

    品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  3. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

    和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  4. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  5. 京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

  6. 大阪「新世界・通天閣」エリアに星野リゾート! 新たなインバウンド視点!

  7. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  8. 新宿コマ劇前広場を見つめてきた歴史的ビルが変身、VR体験ゾーンに

  9. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  10. 広島駅南口再開発ビル「EKICITY HIROSHIMA」、新たなランドマークの誕生

アクセスランキングをもっと見る

page top