群馬県建設業協会、ゆるキャラ「ぐんケンくん」のぬいぐるみを発売 画像 群馬県建設業協会、ゆるキャラ「ぐんケンくん」のぬいぐるみを発売

インバウンド・地域活性

 群馬県建設業協会(青柳剛会長)は、協会のマスコットキャラクター「ぐんケンくん」のぬいぐるみ=写真=を製作し、販売を開始した。高さ約30センチで表面はボア素材。たすきは着脱可能。価格は3500円(税込み)。販売窓口は群馬建協(電話027・252・1666、担当・横山氏)。
 約500体を作り、会員企業(274社)や県内発注機関に配布した。残り約150体を販売する。会員企業には各1体配布。会社の受付カウンターなどに置いてもらう。売れ行きが良ければ追加の製作・販売も検討しているという。
 ぐんケンくんは、建設業の担い手確保・育成の促進を目的に、昨年5月に群馬建協のマスコットキャラクターとして誕生。協会主催の各種イベントや、地域のお祭りなどに積極的に出向き、建設業のPRと地域との交流促進に一役買っている。
 ぐんケンくんは、昨年の「ゆるキャラグランプリ」にエントリーし、決戦投票で6万1547点を獲得して「企業・その他ゆるキャラ」部門で17位となった。今年も同グランプリにエントリーしている。投票期間は11月16日まで。

群馬建協/「ぐんケンくん」ぬいぐるみを発売/建設業PR、地域との交流促進

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ~着地型観光:5~増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

    ~着地型観光:5~増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

  2. 熊本駅ビル開発、多世代が利用できる商業施設へ/ファッション、映画、飲食

    熊本駅ビル開発、多世代が利用できる商業施設へ/ファッション、映画、飲食

  3. JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

    JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

  4. 開業わずか1年! 京都で口コミランク3位の旅館、その戦略とは?/京町家旅館 楽遊

  5. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  6. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  7. 淡路島産食材に関心がある飲食店を募集、生産現場ツアー開催

  8. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  9. 八戸市の屋内スケート場建築、69億4000万円

  10. みなとみらい21の大規模複合ビル計画、JR横浜駅からペデストリアンデッキで接続

アクセスランキングをもっと見る

page top