群馬県建設業協会、ゆるキャラ「ぐんケンくん」のぬいぐるみを発売 画像 群馬県建設業協会、ゆるキャラ「ぐんケンくん」のぬいぐるみを発売

インバウンド・地域活性

 群馬県建設業協会(青柳剛会長)は、協会のマスコットキャラクター「ぐんケンくん」のぬいぐるみ=写真=を製作し、販売を開始した。高さ約30センチで表面はボア素材。たすきは着脱可能。価格は3500円(税込み)。販売窓口は群馬建協(電話027・252・1666、担当・横山氏)。
 約500体を作り、会員企業(274社)や県内発注機関に配布した。残り約150体を販売する。会員企業には各1体配布。会社の受付カウンターなどに置いてもらう。売れ行きが良ければ追加の製作・販売も検討しているという。
 ぐんケンくんは、建設業の担い手確保・育成の促進を目的に、昨年5月に群馬建協のマスコットキャラクターとして誕生。協会主催の各種イベントや、地域のお祭りなどに積極的に出向き、建設業のPRと地域との交流促進に一役買っている。
 ぐんケンくんは、昨年の「ゆるキャラグランプリ」にエントリーし、決戦投票で6万1547点を獲得して「企業・その他ゆるキャラ」部門で17位となった。今年も同グランプリにエントリーしている。投票期間は11月16日まで。

群馬建協/「ぐんケンくん」ぬいぐるみを発売/建設業PR、地域との交流促進

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  5. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  6. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  7. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  8. 小田原箱根商議所が平成の城下町・宿場町構想を発表、江戸時代の景観復活へ

  9. 洋服・雑貨店の店頭に米やジャム!? 食の魅力で誘客

  10. 茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定

アクセスランキングをもっと見る

page top