日本建築家協会、次期会長候補に六鹿正治氏が決定 画像 日本建築家協会、次期会長候補に六鹿正治氏が決定

マネジメント

 日本建築家協会(JIA)の次期会長候補に六鹿正治氏(日本設計会長)が決まった。9月に行われた来期の会長・理事選挙で、会長候補に名乗りを上げたのが六鹿氏だけだった。
 各支部長候補者も選出され、うち新任の支部長候補は藤沼傑(関東甲信越)、遠藤謙一良(北海道)、鈴木弘二(東北)、車戸槇夫(東海)、井上久実(近畿)の各氏。来年の総会で承認を得て理事会で決定する。
 六鹿 正治氏(ろくしか・まさはる) 73年東大大学院修士課程修了、75年米プリンストン大修士課程修了。エーブレス・シュワルツ都市計画事務所、槇総合計画事務所を経て78年日本設計事務所(現日本設計)入社。01年副社長、06年社長、13年から会長。京都市出身、67歳。

JIA/次期会長候補に六鹿正治氏決定

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 「歩切り」ほぼ根絶、11月時点で実施は3団体に、端数処理が焦点

    「歩切り」ほぼ根絶、11月時点で実施は3団体に、端数処理が焦点

  2. 二輪車国内生産は2年ぶりのマイナス――前年度比1.2%減57.6万台

    二輪車国内生産は2年ぶりのマイナス――前年度比1.2%減57.6万台

  3. 公共工事の技術者専任要件引き上げ、請負代金額3500万円以上に

    公共工事の技術者専任要件引き上げ、請負代金額3500万円以上に

  4. 企業の販促活動とコミュニティをマッチング、コスト1万円からのサンプリングを実現

  5. 宇部三菱セメント社長に上田淳副社長昇格、4月1日就任

  6. 施設の履歴管理システムとBIMとを連携 前田建設

アクセスランキングをもっと見る

page top