ODB IIのデータを3G回線で通信できる端末……テクトム 画像 ODB IIのデータを3G回線で通信できる端末……テクトム

IT業務効率

テクトムは10月21日、3G回線によるデータ通信に対応したOBD II車両情報取得用端末「GX410NC」の販売を開始した。

新製品はOBD IIコネクタに接続することで、急ハンドルや急ブレーキなどの運転挙動だけでなく、ABSやワイパー等の動作状況など、様々な車両情報や故障診断履歴を取得し、3G回線を利用してリアルタイムに送信することができる。新製品は、2013年よりネクスと協業し開発に着手、テクトムが車両通信部分を担当し、ネクスが設計・製造した。

自動車は、車載ネットワーク CAN(Controller Area Network)などを利用した通信により電子制御を行っている。テクトムは創業以来、独自の解析技術を保有しており、新製品においても、取得できるデータからドライバーの運転情報や自動車の利用情報として、運転挙動データに限らず、多彩な項目の取得を可能にしている。

同社では具体的な用途として、走行実績に基づいて保険料を算出するテレマティクス保険や、安全・エコ運転を推進する車両管理サービス、気象情報や渋滞情報と連係した各種道路情報、クルマの利用履歴に基づく運転者の行動情報などを想定。今後も様々な用途で利用できるよう、対応車種拡大、製品向上のための解析や性能向上を進め、あらゆる利用シーンに対応することを目指している。

テクトム、3G通信対応のOBD II車両情報取得端末を発売

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

    ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

  2. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  3. RPA(Robotic Process Automation)をご存知でしょうか?

    RPA(Robotic Process Automation)をご存知でしょうか?

  4. ガラスに広告などの映像を投影可能…旭硝子「Glascene」

  5. サービス業のIT利用最前線!12 24時間スマホで把握、進化する介護付きホーム/アズパートナーズ

  6. ニュアンスまで翻訳? イトーキが5年後のオフィス予測

  7. 指先ひとつで支払い完了、ハウステンボスで指紋認証決算スタート

  8. 2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

  9. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  10. “空気を読む”AIを目指す/ホンダが考える AIとは?

アクセスランキングをもっと見る

page top