ODB IIのデータを3G回線で通信できる端末……テクトム 画像 ODB IIのデータを3G回線で通信できる端末……テクトム

IT業務効率

テクトムは10月21日、3G回線によるデータ通信に対応したOBD II車両情報取得用端末「GX410NC」の販売を開始した。

新製品はOBD IIコネクタに接続することで、急ハンドルや急ブレーキなどの運転挙動だけでなく、ABSやワイパー等の動作状況など、様々な車両情報や故障診断履歴を取得し、3G回線を利用してリアルタイムに送信することができる。新製品は、2013年よりネクスと協業し開発に着手、テクトムが車両通信部分を担当し、ネクスが設計・製造した。

自動車は、車載ネットワーク CAN(Controller Area Network)などを利用した通信により電子制御を行っている。テクトムは創業以来、独自の解析技術を保有しており、新製品においても、取得できるデータからドライバーの運転情報や自動車の利用情報として、運転挙動データに限らず、多彩な項目の取得を可能にしている。

同社では具体的な用途として、走行実績に基づいて保険料を算出するテレマティクス保険や、安全・エコ運転を推進する車両管理サービス、気象情報や渋滞情報と連係した各種道路情報、クルマの利用履歴に基づく運転者の行動情報などを想定。今後も様々な用途で利用できるよう、対応車種拡大、製品向上のための解析や性能向上を進め、あらゆる利用シーンに対応することを目指している。

テクトム、3G通信対応のOBD II車両情報取得端末を発売

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

    ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

  2. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

    サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  3. 【ITで強い商店街を作る:4】地域カードで商店街の垣根を越える

    【ITで強い商店街を作る:4】地域カードで商店街の垣根を越える

  4. 【HJ HJ EYE:5】シェアリングエコノミーはビジネスをどう変えるのか?

  5. サービス業のIT利用最前線!:1  老舗旅館がタブレットで変革

  6. VRによるショッピングの未来、VRコマース

  7. 【ICTが変える高齢化社会:4】遠隔医療、シーズでなくニーズを

  8. 【VRと中小企業:2】建設工期短縮でコスト相殺、安全性向上!

  9. 新潟県見附市が電線地中化で低コストモデル工事実施へ

  10. 【スマート林業:1】最先端テクノロジーで未来志向へ

アクセスランキングをもっと見る

page top