マルチセンサーでドローン侵入を検知……兼松エアロスペース 画像 マルチセンサーでドローン侵入を検知……兼松エアロスペース

マネジメント

 兼松エアロスペースは東京ビッグサイトで開催された「テロ対策特殊装備展'15」にて、超音波センサーや音響センサー、カメラなど、複数のセンサーを組み合わせてドローンを検知する「DroneTracker」の展示を行った。

 「DroneTracker」は独・Dedrone社が開発した、マルチセンサ方式のドローン検出器。ドローンのノイズ、形状、動きなどをとらえ、自動制御のドローンから、グライダータイプ、特殊形状のものまで検知することができる。

 従来の単一センサーによる検知方式では、どうしてもカバーしきれないタイプのドローンがあったが、複数のセンサーを1台に集約することでさまざまなタイプのドローンを検知することが可能だ。

 展示されていたドローン検出器は、プロペラのような形状をしており、60~120度カバーするHD画質のカメラを中心に据え、プロペラ状の先端部には、2か所に超音波センサー/超音波センサー、1か所に赤外線対応のHD画質のカメラを備える。

 検知範囲は最大約100m。ドローンが機体安定などの目的で放射する超音波の検知も可能だ。

 会場で流されていたデモ映像では、同システムのカメラがドローンを捕捉し、その飛行軌跡や機影の軌跡を可視化していた。

マルチセンサーでドローンを検知する「DroneTracker」……兼松エアロスペース

《防犯システム取材班》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. トヨタ、過去最高益を2年連続で更新……国内、海外ともに増収増益

    トヨタ、過去最高益を2年連続で更新……国内、海外ともに増収増益

  2. 【回転窓】働き方をめぐる変化

    【回転窓】働き方をめぐる変化

  3. 重層下請構造、工事単位で国交省が実態把握へ……行き過ぎ是正へ対策検討

    重層下請構造、工事単位で国交省が実態把握へ……行き過ぎ是正へ対策検討

  4. 日立建機、後方超小旋回型ミニショベルをモデルチェンジ…排ガス規制に対応

アクセスランキングをもっと見る

page top