道路メンテナンス技術集団派遣、今年は3か所 画像 道路メンテナンス技術集団派遣、今年は3か所

インバウンド・地域活性

国土交通省道路局は、地方公共団体管理施設に「道路メンテナンス技術集団」を派遣する。今年度は、福島県下郷町、奈良県十津川村、佐賀県唐津市の3か所。

道路の老朽化対策に関して、地方公共団体に対して財政面、技術面等で支援が必要となっている。国土交通省は、地方公共団体への支援策の一つとして、点検等で緊急かつ高度な技術力が必要となる可能性が高い施設については直轄診断を実施する。今年度は、福島県下郷町の沼尾ジェット、奈良県十津川村の猿飼橋、佐賀県唐津市の呼子大橋の3か所で実施する。

本来、「橋梁、トンネル等の道路施設については、各道路管理者が責任を持って管理する」のが原則だが、地方公共団体の技術力等を鑑みて支援が必要な場合が発生する。その場合は、国が地方整備局、国土技術政策総合研究所、国立研究開発法人土木研究所の職員で構成する「道路メンテナンス技術集団」を派遣し、技術的な助言を行う直轄診断を行う。

国交省道路局、「道路メンテナンス技術集団」を地方管理施設に派遣

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

    遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  2. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  3. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

    インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  4. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  5. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 青函トンネルの大規模修繕、トンネルの延命化へ

  8. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. FC町田ゼルビア本拠地の野津田公園陸上競技場を大規模改良。5000席増設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top