東京駅前「KITTE」で岩手復興展開催、物産・工芸品の販路拡大へ 10月23-25日 画像 東京駅前「KITTE」で岩手復興展開催、物産・工芸品の販路拡大へ 10月23-25日

インバウンド・地域活性

 岩手県商工会連合会は、東京駅前のJPタワー・KITTE 地下1階「東京シティアイ」で「いわて復興展」の開催を予定している。期間は23日から25日の3日間。東日本大震災の復興支援につながるイベントだ。

 同連合会では6月19日から2016年1月31日までの期間限定で、KITTE 地下1階「キッテグランシェ」内にアンテナショップ「いわて旬彩プラザ」を開設している。「いわて復興展」はこれと連動した企画で、岩手県の物産品や工芸品の展示販売を実施。東日本大震災の影響で失われた販路をいま一度開拓、および拡大する機会としている。

 出展を予定しているのは、物産品では酔仙酒造(陸前高田市)の日本酒、自園自穣ワイン紫波(紫波町)の新酒ワイン、梨忠商店(洋野町)の天然わかめや海産物珍味、道の駅 遠野風の丘(遠野市)のりんごや直送野菜等の農産物、キスケヤ(大槌町)のいわて三陸における海産物加工品など。

 一方、工芸品では、たけぞう(雫石町)の拭き漆や椀、長山工芸(一戸町)の南部細目組紋様細工がそろう。

 その他、復興に関する写真を展示するほか、岩手日報社「岩手日報 紙面でつづる 復興の歩み」を展示。復興の様子を伝えるとともに、震災の風化防止につなげる思いも込められている。東日本大震災語り部として、復興カメラ担当者によるトークイベント「私たちの3.11」も予定している。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 富裕層インバウンドの法則その4

  5. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  6. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  7. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  8. 外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

  9. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  10. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

アクセスランキングをもっと見る

page top