厚さ1.8mmの薄型RFIDシートアンテナ…マスプロ電工 画像 厚さ1.8mmの薄型RFIDシートアンテナ…マスプロ電工

マネジメント

 マスプロ電工は19日、RFID平面アンテナとRFIDシートアンテナの2機種の発売を発表した。RFID平面アンテナは先行して9月7日から発売されており、RFIDシートアンテナは23日より発売される。

 RFIDアンテナは非接触でデータを読み取り、情報を書き換えることができるため、在庫管理や販売管理などに適している。

 平面アンテナ「RAF2031」は、IP65/67対応、使用温度範囲ー40~70度と、屋外での使用にも耐え得る高耐候設計を特徴としている。

 シートアンテナ「RAS2031」は均一な読み取りが可能で、アンテナを金属面に直接置くなど、タグとアンテナが密着した状態でも読み取りが可能となっている。

 RFID技術は、在庫管理や販売管理のほかにも、盗難防止や入退管理、人の位置確認などにも応用されているため、シート型となり設置場所の選択肢が広がったことで、今後さまざまなシーンでの活用事例などが増えてくるだろう。

厚さ1.8mmの薄型RFIDシートアンテナを発売へ……マスプロ電工

《防犯システム取材班》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. なぜ? 経営再建の東芝がメガネ型端末を初出荷1週前に発売中止

    なぜ? 経営再建の東芝がメガネ型端末を初出荷1週前に発売中止

  2. セブン-イレブンで”業界初“商品が相次ぎ登場

    セブン-イレブンで”業界初“商品が相次ぎ登場

  3. 人手不足で29社が倒産、後継者不在と求人難が中小企業経営の重要課題に

    人手不足で29社が倒産、後継者不在と求人難が中小企業経営の重要課題に

アクセスランキングをもっと見る

page top